板尾創路、2期連続の月9出演で逆アプローチ「7月期の月9もオファーをお待ちしています」

拡大画像を見る

板尾創路が、6月7日に放送される『イチケイのカラス』(フジテレビ系、毎週月曜21:00~)の第10話にゲスト出演することが決定。『監察医 朝顔(第2シリーズ)』(2020~2021年)から2作連続で月9ドラマに出演する板尾が今回は、氏名、住所、本籍、職業、すべて不詳のホームレス役で登場する。

民放連ドラ史上初の刑事裁判官が主人公となる爽快リーガルエンターテインメント。東京地方裁判所第3支部第1刑事部(通称:イチケイ)の刑事裁判官で自由奔放で型破りな入間みちお(竹野内豊)と、みちおに振り回されながらも真実をつかもうと奔走するイチケイメンバーの活躍をコミカル&ビターに描く。

前回放送された第9話では、一難去った坂間千鶴(黒木華)に、みちおが「坂間さん。ごはん一緒に行く? ごはん食べに行こうよ」と笑顔を向けるシーンに「惚れてまうやろぉぉぉ」「破壊力ありすぎる 」「めっちゃんこ可愛すぎて声出た」とネット上にコメントが寄せられた。

第10話でみちおたちが合議制で審理を行うのは、ホームレスの男(板尾)が起こした傷害事件。路上生活者に対する高校生たちの執拗な投石に腹を立てた被告人が、犯行メンバーの一人・朝倉純(小野寺晃良)を捕まえて揉み合いになった際、朝倉が所持していたスパナを奪って胸を殴打し、重傷を負わせたのだった。

みちおの元弁護士仲間の青山瑞希(板谷由夏)が被告人の国選弁護士(※)となるが、弁護人の青山ですら被告人の氏名や素性を全く把握できていない状況だった。被告人が“名無し”のまま始まった公判。そこで被告人は起訴内容を真っ向から否認。みちおは被告人と被害者の食い違う主張を明らかにするため、裁判所主導の現場検証に踏み出す、というストーリーが展開される。
(※国選弁護士:刑事事件において、資力が乏しく、私選弁護士を専任できない被疑者・被告人のために国が選任した弁護士のこと。また、費用も国が負担する。)

<板尾創路 コメント>
『監察医 朝顔』をクランクアップしてすぐに、このドラマのオファーを頂きました。「連続して同じ月9ドラマ枠の作品に出ていいのかな?」という戸惑いもありましたが、今となっては大変感謝しています。とにかく謎、謎、謎の被告人を演じるのが毎日楽しくて最高でした。次の7月期の月9も、オファーをお待ちしています!

<第10話あらすじ>
ある日、駒沢(小日向文世)は、レアケースの案件が上がってきたので合議制で審理する、とみちお(竹野内)や坂間(黒木)たちに伝える。それは傷害事件だったが、被告人が「名無しの権兵衛」なのだという。みちおの弁護士時代の同僚でもある青山(板谷)が国選弁護を引き受けた案件だった。

第1回公判。ひょうひょうとした雰囲気を持つ被告人(板尾)は、名前はもちろん、自らの素性を明かすことを拒む。事件は、当時17歳だった被害者の朝倉純(小野寺)の胸部を工具で殴打し、大ケガをさせたというもの。この事件の背景にあるのは、路上生活者に対する少年たちの投石事件だった。

河川敷で路上生活者仲間とバーベキューをしていた被告人は、被害者の純を含む5名の少年たちから石を投げつけられた。少年たちを追いかけた被告人が、純を捕まえて注意をすると、そのことに腹を立てた少年たちは再び投石行為に及び、路上生活者のひとりにケガをさせてしまう。純を探し出した被告人は、もみ合いになった際に彼が持っていたスパナを奪って殴りつけたという。

しかし、みちおから、起訴事実について間違いはないか、と問われた被告人は、間違っている、うそだと答える。そして、自分はうそが嫌いだ、と言い放ち……。

関連リンク

  • 6/7 6:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます