”いつかやり返してやる”よゐこの反発心を生んだ南原清隆の“追い込み”現場

拡大画像を見る

 お笑いコンビ「よゐこ」が、5月27日放送の「やすとものいたって真剣です」(朝日放送テレビ) にゲスト出演。かつてウッチャンナンチャン南原清隆に説教され続けた若手時代について語った。

 番組では、デビュー当時からの親友「キャイ~ン」がVTRで登場。若手時代を振り返り、「印象的な出来事」として、バラエティー「ウッチャンナンチャンのウリナリ!!」(日本テレビ系)共演当時、 南原から唯一説教されていたのがよゐこだったと暴露した。

 天野ひろゆきは、「南原さん、そんな厳しい方じゃないんですけど、よゐこにだけは本当に厳しかったですね。僕が引くぐらい怒ってる時があった。よゐこが放心状態で頭真っ白になって『あしたのジョー』の最終回みたいな顔してたの何回も見ましたよ」と回想。

 怒りを買う理由について、天野は「番組への積極性であるとか。2人ともあまり前に出るタイプじゃなかったから。それをね、楽しいカラオケの席でもずっと怒られてた」と笑った。

 よゐこの濱口優は「特にキャイ~ンと比べられることが多かった。キャイ~ンはボケとツッコミがはっきりしてるし、最初のつかみのギャグがある。『よゐこはキャイ~ンみたいにつかみのギャグがないんだよ。だから最初からしゃべれねえんだよ』『よゐこはギャグを作れ』と言われ、ギャグをむりやり作った」と振り返り、当時は「いつかぶっ殺してやるからな、この野郎!と思ってた」と告白。しかし「大事なことを僕らのために言ってくれてたことが今は凄く分かる」と感謝した。

 昔は尖っていたというエピソードの多いよゐこだが、今があるのは南原のおかげもあるのかもしれない。

(鈴木十朗)

関連リンク

  • 6/7 5:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます