比嘉愛未、主演ドラマ「推しの王子様」クランクイン「まだ実感はあまりない」

【モデルプレス=2021/06/07】比嘉愛未が主演を務めるフジテレビ系7月期の木曜劇場「推しの王子様」(毎週木曜よる10時~)が、6月6日に東京都内でクランクインした。

本作は、主人公の日高泉美(ひだか・いずみ/比嘉)が五十嵐航(いがらし・わたる/渡邊圭祐)を理想の男性に育てるため奮闘する“逆マイ・フェア・レディ”な日々を、まばゆいほどの胸キュンとともに描いていくドラマ・オリジナルストーリー。

◆比嘉愛未「推しの王子様」クランクイン

そんな「推しの王子様」が、このほどクランクイン。役衣装の写真が初公開された。

比嘉の撮影は都内ロケで、泉美が次回作への開発資金の出資をお願いするため、とあるIT企業を訪れるシーンからスタートとなった。

現場入りした比嘉を、スタッフは「我々の推しの主役を紹介します!日高泉美役の比嘉愛未さんです!」との声とともに盛大な拍手で迎え、比嘉は満面の笑顔で「よろしくお願いします!」と挨拶。リハーサルが始まると一転、比嘉は凛とした面持ちで一気に役モードとなり、撮影は快調に進行した。

撮影の合間、比嘉は泉美を演じるにあたり「泉美は自分がときめくものに出会い、人生が変わって前向きに生きていく女性です。その泉美のエネルギー力、パワフルな部分をちゃんと出して、最後までしっかりと演じきりたいな、と思います」と改めてコメント。またクランクインに関しては「まだ実感は、あまりないんですけど(笑)」としながら、「これから、キャストの皆さん、スタッフ皆さんと一致団結して、楽しくてキラキラとした作品を作っていけたらな、と思っています」と意気込んだ。

そして、視聴者へ「この作品は“推し”がキーワードとして出てくるのですが、自分が“推し”にときめくこと、それによって生きがいを感じることが本当に素晴らしいと思える作品です。この『推しの王子様』が、視聴者の皆さんにとっても、そんな“推し”の作品になるよう、チーム一丸となって、私も頑張っていきたいと思いますので、応援よろしくお願いします」とメッセージを寄せた。

◆「知ってるワイフ」スタッフが再集結

制作スタッフには、「知ってるワイフ」(フジテレビ系/2021年1月~3月)の企画、プロデューサー、演出陣が再集結。

運命でなければ絶対に交わることのなかった泉美と航の、前代未聞の恋の行方と、懸命に仕事にも向き合い、本物の幸せを見つけていく彼女たちの姿を、これまでにない魅力的なオリジナルストーリーで紡ぐ、この夏一番“尊い”ロマンティック・コメディーとなっている。(modelpress編集部)

◆「推しの王子様」ストーリー

ただ今36歳、乙女ゲーム(女性向け恋愛ゲームの総称)を手がけるベンチャー企業「ペガサス・インク」の代表取締役社長である泉美は、4年前に起業し、最初にリリースした乙女ゲーム『ラブ・マイ・ペガサス』が異例の大ヒットを記録。『ラブ・マイ・ペガサス』は、外見から内面まですべてを泉美の理想通りに作り上げたケント様と恋に落ちるゲームで、泉美は一躍、新進気鋭の経営者としてもてはやされることに。

社長になる前の泉美は、地元の保険会社で働き、当時は夢もやりたいこともなく退屈な毎日を送っていた。ある時、友人から乙女ゲームの存在を知り、何気なくプレイを始めたところ一瞬で心を奪われ、泉美は人生で初めて“生きがい”と呼べるものを見つける。乙女ゲームに夢中になるあまり、仕事もゲーム会社へ転職。そこでディレクターとして働いていた光井倫久(みつい・ともひさ/ディーン・フジオカ)と、最高の乙女ゲームを一から作り上げるために起業することを決意し、今に至るのであった。

一見、順風満帆な泉美だが、プライベートではここ何年も恋愛をしておらず、もっぱら『ラブ・マイ・ペガサス』のケント様に夢中だ。そして、『ラブ・マイ・ペガサス』に続く次回作の制作に苦心しており 、SNSには「一発屋」という心ない声も。もちろんめげることなく、部下たちには明るく笑顔で発破をかけ、その裏では開発資金の調達に奔走していた。ある晩、日頃の疲れから、つい酒を飲み過ぎてしまった泉美が帰り道を歩いていると、突然1人の男が文字通り空から降ってくる。仰天する泉美だったが、男の顔を見てさらに驚がくする。男の容姿は、なんと自分の理想通りに作った『ラブ・マイ・ペガサス』のケント様にソックリだったのだ。男は借金取りから逃げるため、歩道橋から飛び降りたようで、追いかけてくる借金取りから隠れようとしたはずみで、泉美を抱きしめる。あまりにも信じられない出来事の連続に泉美は、酔いも手伝って、そのまま気を失ってしまい・・・。

男の名は五十嵐航と言い、ただ今23歳。泉美にとって、まさに王子様が舞い降りてきたかのように思えたが、しかし、理想通りなのは容姿だけ。航は無作法で無教養で無気力で、なんとこれまで一度も人を好きになったことも無い、無い無い尽くしの残念すぎる王子様だった。大失望する泉美だったが、ひょんなことから「私があなたを理想の男性に育てる!」と、航の人生を変えることを決意。泉美は航を「ペガサス・インク」で雇い、仕事はもちろん言葉遣いからマナーに知識、さらには生きがいや恋の仕方まで、ありとあらゆることを教えていく。そして、時に泉美が航に守られ、逆に泉美も航から本当に大切なことを教えられることに―。

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 6/7 5:00
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます