バンプ直井由文 活動再開 昨秋に不倫報道「傷を直すチャンスをください」

拡大画像を見る

 不倫問題で活動自粛していたロックバンド「BUMP OF CHICKEN」のベース・直井由文(41)が、9カ月ぶりに活動を再開させることを6日、発表した。公式サイトに長文を掲載し、あらためて謝罪をつづった上で、「叶うなら、もう一度BUMP OF CHICKENの看板を背負う人間として生きていきたいと切に思いました」と心境を吐露。「僕に、僕が傷付けてしまった看板の傷を直す努力を続けるチャンスをください」(原文まま)とファンに理解を求めた。

 BUMP-は直井の自粛中、3人で活動を続けて、新曲「なないろ」はNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」の主題歌に起用されている。直井はボーカル・藤原基央(42)らメンバーを「大切なもの」と表現し、「他のベーシストも入れず、藤くんが身体を壊してまでベースを弾いてレコーディングした新曲が世に出ました。自分が情けなかったです。申し訳ない気持ちでいっぱいになりました」と猛省していた。

 直井は昨年9月、既婚であることを隠したまま、元タレントの女性と不倫していたことが報じられた。

関連リンク

  • 6/6 22:21
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます