【1分で巡る絶景】まるで自然の中のアトラクション!今行くべき絶景列車の旅

拡大画像を見る

静岡県には“絶景列車”という言葉がぴったりの鉄道があるのをご存じだろうか。日本一の急勾配や、日本一の高さの鉄道橋、湖に浮かんでいるように見える湖上駅など…見どころ満載の「南アルプスあぷとライン」を走る「大井川鉄道」の魅力に迫る。


レトロな車両から眺める広大な自然


pixta.jp


「大井川鉄道」は、大井川上流部・奥大井の渓谷をゆっくりと走る日本唯一のアプト式電車。(『大井川鐡道 公式HP』より引用)
「大井川鉄道井川線」とも呼ばれ、大井川水系のダム建設のために作られた歴史を持ち、今は奥大井の観光列車として運行している。
レトロな車両から、温泉や絶景で有名な寸又峡のある奥大井などの風景を楽しめる、まさに"絶景列車"である。


スリル満点◎日本一の高さの鉄道橋


pixta.jp


現役鉄道橋では日本一の高さを誇る「関の沢鉄橋(せきのさわきょうりょう)」。(『川根本町まちづくり観光協会 HP』より引用)
川根本町と静岡市との境界にかある鉄道橋で、川床からの高さは約70m。
高所のスリルを味わいながら、車窓から見渡す広大な自然は絶景だ。


そこはまるで、湖上に浮かぶ秘境の駅


pixta.jp


長島ダムの建設にともない新しく誕生した南アルプスのレインボーブリッジと、橋の中腹に位置する奥大井湖上駅。

大井川の渓谷に架けられた鉄橋には歩道もあり、接岨峡(せっそきょう)温泉駅方面に向かってのみ歩いて渡ることもできるのだ。

鮮やかな新緑が美しい初夏に、あなたも秘境奥大井の魅力を感じに行ってみてはいかがだろうか。


<スポット情報>
奥大井湖上駅
住所: 静岡県榛原郡川根本町梅地
電話: 0547-45-4112

関連リンク

  • 6/6 20:56
  • aumo

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます