ブラックライトで怪しく光るサソリ 胴体だけ暗いままの理由に驚き(米)

拡大画像を見る

米カリフォルニア州ファウンテン・バレーにある爬虫類園「The Reptile Zoo」は、公式Instagramにヘビのあくびや産卵、トカゲの爪切りや食事風景など普段目にすることのない珍しい爬虫類たちの姿を公開し人気を集めている。

そんな同園が今月2日、Instagramに投稿した動画が大きな話題を呼んだ。

動画にはブラックライトを当てたサソリの姿が映っており、その特徴的な尻尾やハサミ、脚がブラックライトに反応し、蛍光色の水色に怪しく光っている。

サソリはブラックライトや月明かりで体が光ることで知られる。そのメカニズムは未だ解明されていないが、研究者らの間ではサソリの外骨格にある何かが体を光らせているというところまでは判明しており、現在も研究が続けられている。

今回の動画で、サソリが乗っている人の手はブラックライトに反応せず暗い色のままであり、サソリの胴体はその色と同じでブラックライトに反応していないことが分かる。

「胴体だけ反応しないとは、なんと不思議な現象だろう」と思ってしまうが、ブラックライトを消すと真実が明らかとなった。

ブラックライトに反応していなかった胴の部分には、小さなサソリの子どもが大量に集まっていたのだ。サソリの子はまだブラックライトに反応する物質を備えていないようで、親サソリの背中に集まった仔サソリの部分だけブラックライトが反応していなかったのだ。

この動画を見たフォロワーからは、「これは本当にすごい!」「ママサソリだったんだね」「素晴らしい。このアカウントはいつも新しいことを教えてくれるよ」と生命の神秘に感心するコメントが寄せられた。

一方で、「これは予想できなくてびっくりした」「サソリの子どもがいっぱい親の背中に乗っているのも驚きだけど、誰かが素手でサソリを持っていることにも驚きだよ」「今晩眠れなくなった」「サソリの姿に魅了されたのと同時にゾッとしちゃったよ」と恐怖を訴える声も多数届いている。

ちなみにサソリの体が、月明かりやブラックライトで光る目的についても謎に包まれている。仮説の1つとして、サソリは視力が良くないので「月明かりの夜に、石や丸太の陰など隠れる場所を探すために体を光らせている」そうだ。しかし上手く体を隠せずに光ってしまえば、捕食者に見つかってしまうリスクが高まると考えられており、現在研究者らが仮説の検証を行っているという。

この投稿をInstagramで見る

The Reptile Zoo(@thereptilezoo)がシェアした投稿

画像は『The Reptile Zoo 2021年6月2日付Instagram「Scorpions exoskeletons glow under black light」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連リンク

  • 6/6 17:47
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます