藤井聡太二冠 棋聖戦対局開始 渡辺三冠先手で相掛かりに 初夏らしい爽やか着物で

拡大画像を見る

 将棋の藤井聡太棋聖(王位との二冠=18)が初防衛をかけて、渡辺明三冠(名人、棋王、王将=37)の挑戦を受ける、第92期ヒューリック杯棋聖戦5番勝負第1局が6日、千葉県木更津市・龍宮城スパホテル三日月で始まった。棋聖戦は持ち時間4時間の1日制で、同日夕方終局予定。

 対局開始の9時に先立ち、渡辺三冠が8時43分に入室、藤井棋聖は47分に入室し上座に着席した。振り駒の結果、渡辺三冠の先手となった。対局開始後、渡辺三冠は珍しく1分間瞑想(めいそう)し飛車先をついた。そのまま戦型は相掛かりに進んだ。

 藤井棋聖は白の着物に涼しげな青のグラデーションになった羽織を着用。渡辺三冠も白の着物に薄い緑の羽織で決戦に挑んでいる。

関連リンク

  • 6/6 9:51
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます