岡田結実が「濡れると擦りたくなる」赤面告白した“やめられない癖”の意味深

拡大画像を見る

「なくて七癖、あって四十八癖」と言われるが、タレントの岡田結実にこんな変わったクセがあると、誰が想像しただろうか。6月1日の「ありえへん∞世界」(テレビ東京系)で変なクセを告白した。

 それは「濡れるとこすりたくなる」という、思わずよからぬ想像をしてしまうクセ。岡田が番組で話したところによると、風呂に入り体が濡れると、鼻を触って外側を上下にこするのがやめられなくなるのだという。シャンプーを流してはコスコス、リンスを流してはコスコスと、こするのをやめられなくなるそうだ。

「実際に鼻をこすってみせたのですが、手を上下動させてなんとも意味深な感じでした。視聴者の一部からも『変わったクセだな。なんかやらしい』との声が上がっています」(週刊誌記者)

 岡田はかなり困っている様子で、「鼻がだんだん大きくなった気がする」と告白。司会の村上信五から「雨のシーンで濡れながらセリフを言わないといけない役を受けたらどうするのか」と心配される始末だった。

「男性の場合、鼻とシンボルの大きさには関連性があるとよく言われます。鼻とアレは密接な関係にあると考えていいでしょう。女性の場合はどうなのか。そんなことを考え始めると、岡田のクセがなんとも意味深に感じます」(前出・週刊誌記者)

 別の場所もこすりまくりだったりして!?

関連リンク

  • 6/6 9:58
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます