バッファロー、Wi-Fi EasyMesh対応のWi-Fi 6ルーター「WSR-5400AX6S」発売

拡大画像を見る

 バッファローは6月下旬に、Wi-Fi 6(IEEE802.11ax)に対応したプレミアムモデルの無線LANルーター「WSR-5400AX6S」を発売する。カラーは、シャンパンゴールド、マットブラックの2色で、価格はオープン。

 新製品は、4ストリーム(4×4)のWi-Fi 6と、Gigaビットイーサネットに対応した無線LANルーター。無線LANは、5GHzがワイドバンド160MHzに対応して最大4803Mbps、2.4GHzが最大573Mbps、有線LANは最大1Gbps(いずれも理論値)の高速通信を実現している。
 新規格「Wi-Fi EasyMesh」に対応しており、親機と中継機が通信しあうことで、メッシュネットワークの自動最適化が可能であり、今後同社から発売されるWi-Fi 6対応無線LANルーター、および中継機はすべて同規格に対応予定なので、自由な組み合わせでメッシュネットワークを構築できるようになる。また、他社の「Wi-Fi EasyMesh」対応製品とも組み合わせられる。
 ほかにも、Wi-Fi 6対応端末の通信速度や安定性を高められる「ビームフォーミング」に対応し、室内を移動するスマートフォンを的確にとらえて、快適な通信環境の構築を可能にする。さらに、複数端末の通信を同時に処理できる「MU-MIMO」、Wi-Fi 6の高速化技術「OFDMA」、各社が提供するIPv6(IPoE/IPv4オーバーIPv6)通信サービスに対応し、家族のネットワークを守る「ネット脅威ブロッカー ベーシック」(1年間無料ライセンスが付属)を搭載している。
 対応無線通信はIEEE802.11a/b/g/n/ac/ax。1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T準拠の有線LANポート×5基(LAN側×4基、WAN側×1基)を備える。

関連リンク

  • 6/6 9:35
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます