【安田記念予想】前走ヴィクトリアMからの勝利ならウオッカ以来 グランアレグリアからの妙味ある相手馬とは?

拡大画像を見る

 2021年のダービーが終わり、今週からは新馬戦も始まる。

 それでも春のGIシリーズは継続中。今週はマイル頂上戦の安田記念が行われる。

 注目の筆頭馬は、やはり先日のヴィクトリアマイルを勝っているグランアレグリアだろう。牝馬同士だったが圧倒的といえる4馬身差つけての勝利。良馬場発表だが多少の降雨の影響残る芝で1分31秒0という好タイム。上り3ハロンも32.6秒というトップパフォーマンスを見せつけてくれたわけだ。

 さらに同馬は昨年の安田記念優勝馬でもある。そのときは最強の名を誇っていたアーモンドアイ(2着)に勝利。秋もスプリンターズS&マイルCSを連覇してマイル&短距離界のトップに上り詰めたわけだ。今年は相手に牝馬はおらず。かわりに歴戦の猛者という感じの牡馬たちが最強牝馬を迎え撃つことになった。

 相手1番手候補は、やはりインディチャンプ(牡6 栗東・音無厩舎)だろう。同馬は一昨年の春秋マイルGI連覇の馬でマイル戦ならば抜群の安定感ある馬だ。

 次いで3歳からは先日のNHKマイルCを勝っているシュネルマイスター(牡3 美浦・手塚厩舎)が鞍上横山武に変わって参戦してくる。

 さらに昨年3歳時には毎日王冠を勝っているサリオス(牡4 美浦・堀厩舎)も強力。安田記念に相性の良い前走マイラーズC(阪神芝1600m)1着からはケイデンスコール。同じく前走京王杯SC(東京芝1400m)1着馬ラウダシオン。ほかにも昨年天皇賞(秋)4着だったダノンプレミアムなど、一筋縄ではいかないメンバーが揃った。

◆安田記念って堅いの、荒れるの?


 それでは安田記念のレースデータの傾向をみていこう。

 近2年はどちらも1〜3着を4番人気以内で独占している安田記念。かなり堅い決着のイメージになっている人もいるとは思う。しかし、3年前は9番人気モズアスコット、4年前は7番人気サトノアラジン、5年前には8番人気ロゴタイプとそれぞれ人気薄が勝っている。つまり馬単や3連単馬券ならば大きな高配当になっているという側面がある。

 さらに7年前は1番人気ジャスタウェイが勝ちながらも、2着&3着に16番人気&10番人気が入って3連複でも9万円超えの高配当パターンもあり。

 どうやら馬券的には、白黒ハッキリさせたほうが良さそうなのがこのレース。今年、堅いと思えばガッチリ人気サイドで構成。逆に荒れると思ったら人気薄を積極買いという極端な馬券のほうが良いのかも…。

 確かに今年は堅そうな1番人気馬グランアレグリア。だが死角はないのだろうか。

 確かにローテーションから見れば、前走ヴィクトリアマイルから安田記念で勝っている馬は過去10年にはいない。それでも近3年の2着はすべてヴィクトリアマイル組。さかのぼってみると、08年と09年にはウオッカが前走ヴィクトリアマイルからのローテで勝っている。どうやらグランアレグリアの連軸というのは堅そうだ。

◆グランアレグリアから妙味のある相手馬は?



 ほかにも安田記念の傾向として「前年の馬券圏内馬の再好走」があげられる。昨年馬券圏内だったインディチャンプも、相手候補筆頭になりそうだ。

 タイム指数からのオススメ馬としては、やや人気薄のケイデンスコールが良さそう。同馬は近3走ですべて110台。これをクリアしているのはインディチャンプとこの馬だけ。近走110台を出している馬は好走傾向。あとはあまり人気にならないでくれればいいのだが。

(netkeiba・大石川大二郎)

関連リンク

  • 6/6 9:14
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます