【本日の注目ポイント】春のマイル王決定戦・安田記念

拡大画像を見る

 6/6(日)は東京・中京の2場開催。天気は東京が曇り一時雨、中京が曇りの予報となっている。

■春のマイル王決定戦・安田記念
 東京11Rは春のマイル王決定戦・安田記念(GI)。前走でヴィクトリアマイルを制したグランアレグリアには安田記念連覇、そしてGI・6勝目がかかる。ほかに一昨年の優勝馬インディチャンプ、10年ぶりとなる3歳馬Vを目指すシュネルマイスター、昨春のクラシックでコントレイルと覇を競ったサリオスなどが出走。

■東京12R・小金井特別にグランパラディーゾなど
 東京12Rは牝馬限定、ダート1600mの小金井特別(2勝)。未勝利、1勝クラスと連勝して波に乗るグランパラディーゾ、金子真人オーナー所有の白毛馬ブッチーニ、前走の自己条件戦で5馬身差圧勝のラフリッグフェル、先日の川崎で圧勝デビューを果たしたメンタイマヨの半姉デンコウハピネスなどがエントリー。

■リアアメリアの半妹リアグラシアがデビュー
 東京5Rは牝馬限定、芝1600mの新馬戦。半姉に昨年のローズSなど重賞2勝のリアアメリアがいるリアグラシアに人気が集まりそう。半兄に今年の皐月賞・ダービー3着馬ステラヴェローチェがいるクレイドルや、17年クイーンCを勝ったアドマイヤミヤビを全姉にもつレディナビゲーターなど、好素質馬が数多くスタンバイ。

■東京6Rの新馬戦にバーマンなど
 東京6Rは芝1400mの新馬戦。来年2月に定年を迎える名伯楽・藤沢和雄調教師が送り込む最後の2歳世代の1頭バーマン、半兄に2014年産経賞オールカマーなど重賞3勝のマイネルラクリマがいるナックドロップス、追い切りでも軽快な動きを見せたビーオンザマーチなどがデビュー戦勝利を目指す。

■中京11R・高山Sにフライライクバードなど
 中京11Rは芝2000mの高山S(3勝)。重賞2勝のシングウィズジョイを半姉にもつフライライクバード、前走の弥彦Sで上がり最速の末脚を繰り出して3着だったシルヴェリオ、12年の3冠牝馬ジェンティルドンナの初仔モアナアネラなどが参戦。

■中京9R・蒲郡特別にドナウエレンなど
 中京9Rは芝1200mの蒲郡特別(2勝)。注目はジェンティルドンナの近親にあたるドナウエレン。未勝利、しゃくなげ賞(1勝クラス)と連勝し、目下の勢いはメンバー随一。アビエルトは近走2着、3着、2着と惜敗続きで、ここで勝ち切りたいところ。

■中京5Rはバラ一族のスタニングローズに注目
 中京5Rは芝1400mの新馬戦。追い切りでも素軽い動きが目立っていた“バラ一族”のスタニングローズは好調の吉田隼人騎手が鞍上。初戦勝利なるか。ほかにも、今年初年度産駒がデビューするドレフォン産駒レッドバロッサ、半兄に18年京都金杯を勝ったブラックムーンがいるソーマレイオウなどが出走する。

■地方では2重賞
 岩手・水沢競馬場では18時05分に早池峰スーパースプリント、佐賀競馬場では18時15分に佐賀がばいダッシュが行われる。

関連リンク

  • 6/6 6:00
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます