42歳ワーママ編集が浮気→乗り換えた!ウタマロ超えの神石けんって?【#編集部員の自腹買い】

拡大画像を見る

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/226801/ )

オトナサローネ編集部のメンバーが「自腹で買ったアイテム」をご紹介!【#編集部員の自腹買い】

 

「今年は例年にない早さの梅雨入りになるでしょう」
「梅雨入りが早いからといって早く梅雨があけるわけではありません(つまりは長い)」
そんなお天気ニュースを毎日のように耳にする今日このごろ。

 

髪はぺたんこ、メイクはドロドロ。気になることが多いジメジメシーズンですが、今回取り上げたいのは、顔まわり以上に、その人の印象に直結しやすい洋服の清潔感キープについて。3月までファッション編集部に在籍していた編集アキヤは、洗濯、お手入れ企画も数多く担当させてもらったので、今ではちょっぴり情報ツウになりました。また、保育園、小学校に迷う子供をもつ子育てまっただ中のワーママでもありますので、容赦ない泥汚れとの格闘も身を持って体験しております。ここでは、編集アキヤが取材で出会い、思わずポチッてしまったアイテムの中から、梅雨シーズンに激推しのファッションメンテナンスをリストアップ。

ママ友情報は正しかったウタマロ石けん超えの実力「ブルースティック」

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/226801/ )

横須賀 洗濯石鹸 ブルースティック

 

子育て中の家庭においては、すでに「一家に1個」どころではなく、2個、3個と常備しているであろう、某青緑カラー石けん。もちろん我が家でも子供が新生児のときからそれはそれはお世話になりました。排泄物汚れ、食べこぼし、保育園に通いはじめて以降は、ドロにまみれた靴下洗いに。プライス的にも機能的にも「コレが最強!」と疑うことなくリピートし続けていました…ところが。信じて疑わなかった常識はある日突然のひと言をきっかけに覆ることになるのです(大げさ)。

 

その情報をくれたのは、野球に打ち込む息子さんを持つママ友さんでした。「ウタマロより、断然ブルースティック。私は乗り換えたわ」。

とにかく時間が惜しい。ムダと名のつくものは徹底的に排除したいワーママにとって、ママ友ほど確かな情報源はありません。amazonで取り扱いがあることを確認。即日手配を済ませました。あんなに頼りにしていたのに…「ウタマロよ、浮気してごめん」と心で謝罪しながら。

その後ですが、すっかりブルースティック派です!個人の感想にはなりますが、ドロ落ち、コスパ、香り。そのどれもがウタマロを以上です。何より気に入っているのは、ウタマロ唯一の弱点「溶けやすさ」のストレスを感じないことです。

 

備えあれば憂いなし。頼れるものには頼って雨の続くシーズンを快適に乗り切りたいですね。

(オトナサローネ編集部 秋谷)

関連リンク

  • 6/5 22:30
  • OTONA SALONE

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます