明石家さんまは吉田拓郎、松本人志はさだまさし…「心酔歌手」でわかった「最悪の相性」

拡大画像を見る

 6月11日に公開されるアニメーション映画『漁港の肉子ちゃん』。同作は明石家さんま(65)がプロデュースし、さんまの元妻である大竹しのぶ(63)や木村拓哉(48)の娘Cocomi(20)が声優として参加していることが話題になっているが、主題歌にも注目が集まっている。

「吉田拓郎(75)が1970年に発表した『イメージの詩』のカバーを、10歳の子役俳優の稲垣来泉が歌うんです。『イメージの詩』はさんまが“人生の教科書”とするくらい惚れこんでいる曲。特に“自然に生きてるとわかるとはなんて不自然なのか”という意味のフレーズが一番好きなんだそうです。5月26日に行われた完成報告会見では、稲垣のカバーについて“素直で器用でびっくりしています。大当たりを引いてしまった”と、絶賛していました」(女性誌記者)

 吉田も稲垣の歌唱については、太鼓判を押しており、フルコーラスが解禁された5月14日深夜放送の『吉田拓郎のオールナイトニッポンGOLD』(ニッポン放送)では、オリジナル版とカバー版を2曲続けて流し、

「最初の一行でジーンとしてしまってね。彼女が次々とイメージを発していくわけですよ。自由自在にね。それをやってくれる、彼女が歌うイメージの世界にグイグイ引き込まれて行って。気付いたら僕のほっぺはもう涙が溢れていて」

 と、コメント。また、放送前にも

「心の底から『素晴らしい』。今回の『時を超えた奇跡的なレコーディング』に震えました。頬をつたわる涙を僕は『ぬぐう事すら忘れて聴き入りました』。10歳の少女が力いっぱいに(時にはシャウトしながら)歌い切った『新イメージの詩』は決してカバーなどと言うレベルのものではありません。まさに2021年に『叩きつけられた新しいメッセージ』ではないでしょうか」

 と、メディアにコメントを寄せていた。

■吉田はさだ嫌いで有名

「実はさんまは拓郎の大ファンで、01年には『さんまのまんまスペシャル2001』(フジテレビ系)に招いたり、そこで“(拓郎をまねて)ハイライトを吸って生きてきた。今はマルボロですけど”と話したりしていました。そんなさんまと拓郎ですが、意外な縁があるんですよ」

 吉田拓郎は、歌手のさだまさし(69)を「大嫌い」と明言している。

 2010年放送の『オールナイトニッポンGOLD』によると、「すごく高く評価してるところはある」としつつも、「高い声の質感と、そこに合いまってる、バイオリンの質感とが、僕の生理として苦手」と、根本的な部分が合わないらしい。

 97年9月20日放送の『LOVELOVEあいしてる』(フジテレビ系)で、拓郎がさだと直接共演した際も、

「僕の人生にね、バイオリンを持って歌う人っていうのは,考えられない」「だから、すっげぇ不愉快だなって思ってんの、さだまさし。でも正直に言うと『関白宣言』っていうのと『雨やどり』っていうは名曲中の名曲」

 と、本人の前で明言していた。

■松本はさだの大ファン

「そんなさだの大ファンなのが、ダウンタウンの松本人志(57)なんです。昨年5月24日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)にさだが出演した際は、“サシ飲みとかしますね”“2人で話しているのは楽しい”と、松本と飲み友であることも明かしています。18年9月30日の『NEWSポストセブン』で笑福亭鶴瓶(69)が2人について話していますが、松本は本当にさだを尊敬しているんですよ」(専門誌記者)

 鶴瓶は松本がさだの「しゃべり」を絶賛していたことを明かし、

「あのダウンタウンの松本が、さだまさしを崇拝し、しかもまさしのしゃべりも好きやって言うんやで? そりゃ誰を好いてもいいけど、しゃべりは松本のほうがすごいやろ? それなのに、“あのしゃべりがすごい”と言うてね。“松本、お前、誰褒めてんねん。さだまさしはお笑いちゃうで”って注文つけといた」

 と、話している。

「今年5月2日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)では松本、さだ、泉谷しげる(73)の3人でトークをしていましたが、その際も“僕はさださんに呼ばれたら断れない”“心の師匠”とまで話していました。“小学生くらいのときに、心打たれた”と話しています」(前同)

■松本とさんまは相性が悪い

 その松本が、「違う相方と組むなら?」という質問に名前を挙げた相手が、さんまだった。

 今年1月15日の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)で、松本はさんまと組むことについて「何も考えないでええわけやん」「(いつもは)本番前にも、こういろいろやっぱ考えて考えて」いることから、まったく経験したことがない状況になるだろう、という理由でさんまを相方候補として挙げたのだ。

 ところが、この話を知ったさんまは、同月23日の『ヤングタウン土曜日』(MBSラジオ)で、松本とのコンビに「ぜったい面白くないですよね」とバッサリ。松本が徹底的にボケ役なら成立するかもしれないとしながらも、

「お客さんがほったらかしになるんですよ」「“俺、こんな話やるぞ”って戦いになって、お客さん無視でゲラゲラ笑って」「“笑いの作り手同士”やと、そういうところになってしまう」

 と、松本とのコンビについて考察していた。

「1月23日放送の『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)では、松本が審査員を務める『M-1グランプリ』を“漫才師の頂点を決める、芸人にとって最重要イベント”と認識しておらず、それどころか“テレビやないかい、単なる。テレビ番組やないかい”とバッサリ。

 また、ギャラクシー賞も獲得し、新たなテレビのフォーマットとして絶大な人気を誇る『人志松本のすべらない話』についても、“芸人がすべらない話するなんて当たり前。なにがおもろいのか理解できない”とコメントしていました。さんまと松本は、極端に不仲というわけではないですが、根本の部分が合わないのかもしれませんね

 さんまが熱烈に好きな拓郎が、松本が大ファンだというさだまさしが嫌いだったということで、また新たな因縁が生まれてしまったかもしれませんね」(前出の専門誌記者)

 松本の頭をよぎったという、2人が漫才をする姿は、やっぱり見られそうもない!?

関連リンク

  • 6/6 7:20
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます