「おちょやん」子役・毎田暖乃 松竹新喜劇に挑戦 藤山扇治郎「子役だけど大人」

拡大画像を見る

 NHK連続テレビ小説「おちょやん」で注目された子役の毎田暖乃(9)が5日、大阪市内で行われた初舞台「松竹新喜劇夏まつり特別公演」(7月10~18日、京都南座)の取材会に参加した。同じく朝ドラに出演した渋谷天外(66)、藤山扇治郎(34)らと「一休さん」で共演する。

 父(二代目天外さん)の前妻・浪花千栄子さんがモデルの千代の幼少期と、千代の養子・春子を演じた毎田の実力に、天外は太鼓判を押しつつ「小娘に負けてたまるかと。負けてしまったら私の存在…、今までのウン十年が何だったのかとなる。実力でつぶして行きたい」と宣戦布告。

 毎田は「私が勝つことは一生ないと思います。むしろ私が勝てるよう引っ張ってください」と返し、挑発後に「ウソやで。仲良くやろうか」と笑った天外は「大竹しのぶさんのような匂い、香りがする」と絶賛。扇治郎も「子役だけど大人。最強にすごい方。バケモンみたいな方。(藤山)直美のおばさんと出る以来の緊張感」と口にしていた。

関連リンク

  • 6/6 5:59
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます