「ラブラブだったのに…」初めてお泊りした2日後、急に音信不通になる男の本性

平日は全力で働き、週末は恋人と甘い時間を過ごす。

それが東京で生きる女たちの姿だろう。

でも恋人と、“週末”に会えないとわかると、「いったい何をしているの?」と疑心暗鬼になる女たち。

これは、土日に会えない男と、そんな男に恋した女のストーリー。

◆これまでのあらすじ

美加(28)は、ホームパーティーで脚本家の海斗(32)と出会う。2人の距離は一気に縮まるが、土日になると急に連絡がとれなくなった…。

▶前回:「既読にすらならない…」急に音信不通になる男に恋した、28歳女の苦悩

2nd week 「言い訳」 ―月曜日―


先週は、あまりにも寒暖差の激しい1週間だった。

気温の話ではない。美加のハートの話だ。

月曜に海斗と出会い、金曜にかけて急速に温まった美加の恋心は、土日を迎えてドスンと冷え込んだ。

時間を忘れるほどに楽しかった金曜夜のドライブデート…までは、よかった。楽しかった。幸せだった。

が、その後突然、海斗と連絡が取れなくなり、60時間以上が経過している。

― で、今日はもう月曜なんだけど?

金曜夜のデート直後に送った『土日はやっぱりお仕事ですか?』というLINEも、いまだ既読がつかない。

脚本家の海斗は、「土日は、ほとんど仕事をしている」とたしかに言っていた。

― でも、返信ぐらいできるでしょ?せめて既読ぐらいはつけてよ…。

気が晴れないまま、デザイナーとのオンラインミーティングに参加していたとき、突然、海斗から返信があった。

『LINEに気がつかなくてゴメンナサイ。電話できるタイミングありますか?』

― いまさら、なによ。

最初に感じたのは「憤り」。でも、次の瞬間「生きてて良かった」と美加は安堵した。

夜になって仕事が落ち着くと、美加は海斗と電話した。

「月曜の朝が、脚本提出の締め切りだったんです。締め切り前は、あらゆる連絡を断ち切って執筆に集中するので…」

要約すると、海斗はそんな“言い訳”をした。

海斗の“言い訳”が腑に落ちない美加は、ついに本音をもらす…!?

―火曜日―


― 平日になった途端、こうなるの…?

土日の音信不通が嘘のように、海斗のLINEの返信は早い。

先週と同じテンポで、他愛のないメッセージのラリーが続く。

しかし、美加の“不安”――いや、“憤り”は収まらない。

とはいえ、それを海斗にぶつけることもできない。まだ出会って1週間だし、付き合っているわけでもないから。

「なんか静かだけど、どうしたの?」

所属部署の定例会議のため出社すると、沙希に言われた。

「いつもは、もっとブツブツ言いながら仕事してるのに」

さすが先輩。よく見ている。

美加は「本当に怒ると無口になる」と自覚している。

夜になると美加は、甘いもの買い込んで、高校時代の同級生・坂木日菜子を自宅に呼び出した。仕事でもプライベートでも、愚痴がたまると話を聞いてもらう親友だ。

「その脚本家さん、怪しいね。本当に仕事なのかなぁ?」

「でも、月曜朝が締め切りだって言ってたし…」

「脚本家がどんな仕事か知らないけど、そんなに都合いいタイミングに締め切りってあるわけ?」

「そうだよね…」

美加が考えないようにしていた本音を、日菜子が言葉にする。  

「もし仮に、仕事じゃないなら…いったい“誰”と過ごしてるんだろね」

日菜子は、“誰”をわざわざ強調して言う。

―水曜日―


先週と同じく、麻布十番でクライアントと打ち合わせ。

すると計ったように海斗からLINEが届いた。

『もし良かったら、今日ゴハンしませんか?』

内心ではまだ怒りが収まっていなかったが、美加は、努めて爽やかに返信する。

『ちょうど今、麻布十番にいるので、ぜひ!』

― 月曜朝の締め切りっていうのが本当か、聞いてやるんだから。

しかし、海斗からの返信は予想に反していた。

『いえ、ランチのお誘いではなく、夜ゴハンのお誘いです』

― えっ、そっち!?

海斗に会う前に、パンツスーツをデート仕様のワンピースに着替えるために一度帰宅しようか考えたが…やめた。

― なんでワクワクしなきゃいけないんだろ。これから海斗さんを問い詰めようと思っているのに…!

17時。

海斗が待ち合わせ場所として指定してきた住所に向かうと、そこに店はなく…彼の自宅兼仕事場だった。

出会ったばかりの男に家にあがるのは、抵抗がある。

でも…。

― 仕事場だから…。仕事場だから…。

美加は「心の中の言い訳が上手」と自覚している。

低層マンションの最上階。メゾネットタイプの海斗の自宅は、玄関に入ってすぐ脇の部屋が仕事場だった。

「きたないから、あまり見ないでね」

海斗が言う。たしかに、ちらりと見えたその部屋は、書類や資料で溢れていた。

逆に、階段を上がったリビングはモデルルームのように綺麗で、センスの良いインテリアに囲まれていた。

キッチンからは、香ばしい匂いが漂ってくる。

海斗は、学生時代にバイト先のイタリアンレストランで学んだという料理の腕を振るってくれた。

赤ワインで乾杯をし、美加は、素直に喜びながらパスタを食べていると、海斗が話し始めた。

「脚本の原稿って、プロデューサーにメールで提出するんだけど…」

プロデューサーはたいてい、テレビ局や映画会社の会社員なので、土日が休みだ。ゆえに、月曜朝に出社したときにメールで原稿が届いていることを求めるらしい。

たしかに、アプリ開発の仕事をしている美加も、プログラマーやデザイナーの納期を休日明けに設定することが多い。

「だから…悲しいことに…正月明けとかゴールデンウィーク明けの締め切りも多いんだよね…」

海斗の説明を、今夜の美加は、“言い訳”と感じなかった。

むしろ、真摯に話してくれた海斗に、好感を抱いた。

「執筆中に連絡を返さないのは、俺のダメなところで…。でも、美加さんには、俺のダメなところも受け入れてほしくて、ちゃんと伝えたかったんだ」

一転して仲が深まる美加と海斗は、そのまま…?

―木曜日―


美加は、海斗の腕の中で目覚めた。

結局、朝まで彼の家にいたのだ。

ベッドからそっとおり、海斗に借りたTシャツを脱いでパンツスーツに着替えながら、美加は、裸で寝ている海斗の寝顔を見つめた。

― これって、割り切った関係ってやつなの?

美加の感情は、全然割り切れていない。でも、海斗から告白されたわけでも、付き合おうと言われたわけでもない。

「…もう、仕事に行くの…?」

不意にベッドから海斗の声がする。

「ああ、うん。10時から打ち合わせがあって」

「…そしたらさ…」と呟きながら海斗が上半身を起こす。

「…昨日は言えなかったんだけど…」

週に1度の運動を欠かさないと言っていた海斗の身体は程よく締まっていて、彼の仕草と雰囲気、そして言葉に美加はドキリとする。

「今週は締め切りがないから、…土日は一緒にいたいんだ」

その瞬間、美加は思わず顔を背ける。ニヤけてしまった顔を見られたくなかったから…。

「…もちろん、いいですよ。じゃ、今度は私の家でどうですか?」

「もしかして、料理、作ってくれるの?」

テイクアウトかデリバリーかと思っていたが、その選択肢を消されてしまった。

「う、うん!海斗さんの腕前には負けると思うけど、作ってもいいですか?」

「やった。楽しみにしてるよ」

海斗は眠そうな目をこすりながら、少年のような笑みを見せた。目元には、猫のヒゲのような笑い皺。

美加は「笑顔がかわいい人に弱い」と自覚している。

―金曜日―


家でのテレワークを終えて、美加はスーパーへ向かう。

スマホでレシピアプリを立ち上げたまま食材を買っていく。海斗にはイタリアンを用意してもらったので、明日は和食にするつもりだ。

手料理には自信がないが、やるしかない。

美加は「その気になれば何でもできる」と自覚している。

パンパンに膨らんだエコバッグを抱えた帰り道、漂ってくる甘い匂い。海斗がつけている香水と同じ香りがする男性とすれ違い、一昨日の夜を思い出した。

逞しい海斗の裸…。美加は、文字どおり、我が身を省みると緩んだお腹が目に入ってきた。

― ヤバい。最近は筋トレもヨガも、サボっていた…。

家に着くと、腹筋ローラーを引っ張り出して、果敢に挑んだ。

― キツいけど仕方ない…!

入念にヨガもして、汗をかいた体をシャワーで流したあと、美加はキッチンに立った。

明日、海斗のために作る和食の“予行演習”をするためだ。

本番は、アプリを見ながら作るわけにはいかないので、練習用の具材も用意してあった。

― よーし、やるぞ。

エプロンをつけて腕まくりした、そのときだった。

スマホが揺れ、海斗からLINEが入った。

『ごめんなさい。約束してたけど、土日に会えなくなりました。』

絵文字もなく、体温を感じない簡素なメッセージだった。

美加は頭が真っ白になる。

それでも、すぐに気分を立て直し、返信する。

『どうしてですか?』

それ以降、海斗から返事はなかった。既読もつかない。

先週とまったく同じく、音信不通。

海斗は、やっぱり“土日に会えない男”だった。


▶前回:「既読にすらならない…」急に音信不通になる男に恋した、28歳女の苦悩

▶Next:6月13日 日曜更新予定
土日の海斗が何をしているのか、その全貌が判明する…!

画像をもっと見る

関連リンク

  • 6/6 5:05
  • 東京カレンダー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます