赤ちゃんオオカミが遠吠えする姿がとろける可愛さで話題に / 生後4週間の泣き声がこちらです

拡大画像を見る


空を仰ぎながらオオーーーンと遠吠えをあげるオオカミ。映画などでよく見る光景ですが、こんな迫力ある姿になるまでにはかなりのトレーニングが必要みたい……?

今回ご紹介する映像は、赤ちゃんオオカミの初めての遠吠え

一生懸命、体いっぱいに叫んでいる姿が微笑ましいんです!

【生後4か月のちっちゃな赤ちゃんオオカミ】

動画に登場するのは、アメリカ・ミネソタ州の森の中にいる1匹の赤ちゃんオオカミ。

いわゆるオオカミのような見た目もしていないこの子は、生後4週間とのことで、子犬のよう。まだまだ体も小さくてあどけない様子です。

そんな赤ちゃんオオカミ、どんなふうに遠吠えするのかというと……?

【何度も遠吠えを練習しているよ!】

アオーーーーーと何度も何度も顔を上に向けて叫び声をあげています。

大人のオオカミのように低くて威嚇するような力強さはありませんが、精一杯の力で声をあげているのが伝わってきますね。

こんなに幼くても、オオカミの素質をしっかりと備えているだなんて。何度も遠吠えを繰り返す姿に、見ていてついつい応援したくなってきちゃいます……!

【このまま元気にたくましく成長してね!】

かっこいい遠吠えを披露するオオカミも、ある日突然できるようになるわけではなくて、こうして赤ちゃんのころから何度も繰り返しながらうまくなっていくものなんですね。

動画の概要欄には、「生後4週間にしては、かなり大きな声で遠吠えしている」とのこと。

赤ちゃんオオカミの一生懸命な遠吠えの練習、皆さんもぜひ参照元からご覧ください。

大人のオオカミの遠吠えしか見たことがない人にとっては、新鮮な映像になっていることと思いますよ!

参照元:YouTube
執筆:鷺ノ宮やよい (c)Pouch

関連リンク

  • 6/5 18:45
  • Pouch

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます