adieu(上白石萌歌) 、多くのメタファーが隠された新曲『愛って』MV公開

拡大画像を見る

adieu(上白石萌歌)の6月30日(水)リリースとなる2ndミニアルバム『adieu 2』より、新曲『愛って』(Words & Music:Yutaro Furutachi(2) Arrange:Yaffle)のMUSIC VIDEOが、adieu Official YouTubeにて公開された。


今楽曲は、愛に気づいた主人公の純粋な心情をえがいたラブソングで、ロックバンド「2(ツー)」の古舘佑太郎が作詞作曲を、Yaffleがアレンジを手掛けている。


公開されたMUSIC VIDEOは、人生の様々なタイミングにおいて変化していく「愛」の形を、「時間」と共に描いており、「時の経過」を表現したバックの「光」が角度・大きさを変えていく表現のほか、映像内に登場する「布」「蕾」「葡萄」「金魚」「花束」など多くの暗喩からそれぞれの意味を考察できる作品となっている。



<adieuコメント>

今まで色々な形の愛をadieuとして歌ってきましたたが、今回はより狭くて深い種類の愛を歌っています。

歌詞がストレートで物語の主人公が愛に気づき目覚めていくような楽曲の世界観の今回のMUSIC VIDEOは「光」がテーマになっています。

光の角度やその光が一体何を表現しているのかを考えながら観て欲しい、光と影が美しいMUSIC VIDEOになりました。

 

<谷崎洋志 監督コメント>

丁寧な光に全編包まれています。

人生の色んなタイミングでの愛について歌うadieuをご覧ください。

関連リンク

  • 6/5 23:37
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます