先制ゴールの堂安律、課題だった前線の距離感に手応えも「一喜一憂せず」

拡大画像を見る

 U-24日本代表は5日、国際親善試合でU-24ガーナ代表と対戦し、6-0の快勝を収めた。

 先制ゴールを挙げて勝利に貢献した堂安律は試合後、「時間帯的に点がほしいタイミングで取れてよかった」とコメント。「前線4人の距離感、縦パスの後の距離感が課題だったので意識して臨んだ」と明かし、「自信がついたと思います」と振り返った。

 そのうえで、「僕たちが目指しているのはここではないので、一喜一憂せず、次へしっかり準備したいです」と気持ちを切り替えた。U-24日本代表は12日にジャマイカ代表と対戦する。

関連リンク

  • 6/5 21:35
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます