さんま 芸人殺し「徹子の部屋」プラマイ岩橋投入し悲劇 黒柳にドン引きされ土下座

拡大画像を見る

 明石家さんまが5日放送のテレビ朝日「徹子の部屋 45周年スペシャル」にゲスト出演し、お笑い界で「芸人殺し」と恐れられている黒柳徹子に挑んだ。

 番組では過去VTRで、霜降り明星・せいやが古畑任三郎のモノマネをして黒柳に「うん、いいと思います」と言われ、ピース又吉直樹はギャグを披露し「そうですか」、間寛平は「それが芸なんですか?」、ゆりやんレトリィバァは「笑わせるところなの?」と言われた、悲劇の歴史が紹介された。

 さんまは「これは黒柳さん笑うだろうというメンバーをそろえてきました」と紹介。

 先頭の岩井ジョニ男は、「もう終わりですか?」「うん、おもしろい」と一蹴され、デニス、チャンス大城、永野は怖がられて、コメントなし。ワタリ119が、元消防士のロープを使ったあやとりでクスリとだけ笑わせたが、プラス・マイナス岩橋良昌は、上半身裸になってのギャグで、黒柳の顔が引きつり、ドン引きされる結果に。

 最後はさんまが土下座でお詫び。黒柳に「私が笑わなかったからいけないんでしょ?あなたはえらい!本当はおかしくないのかもしれないけど、一緒にやって、笑って。あなた偉い!」と言われ、敗北していた。

関連リンク

  • 6/5 21:27
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます