藤井聡太棋聖「徐々に気持ちが高まってきた」初の防衛戦・棋聖戦向け

拡大画像を見る

 将棋の藤井聡太棋聖(王位との二冠=18)が初防衛をかけて、渡辺明三冠(名人、棋王、王将=37)の挑戦を受ける、第92期ヒューリック杯棋聖戦5番勝負が6日、千葉県・竜宮城スパホテル三日月で開幕する。前期は渡辺三冠に挑戦し棋聖を奪取し、最年少の最年少の17歳11カ月で初タイトルを獲得したが、今期はリベンジマッチを受ける側に。開幕に先立ち両対局者は5日、同所で前日会見に臨んだ。

 藤井棋聖はりりしい表情で「タイトルホルダーという立場になって、今までにない忙しさだったけど、結果も出て成長できた1年でした。きょうまで徐々に気持ちが高まってきたかなという感じはします」と意気込んだ。

 前期はコロナ禍が影響した過密日程が組まれ、挑戦者に決まり中3日での挑戦に。今期は1カ月近く準備期間もあり「自分なりにしっかり取り組むことができたと思います」と手応えを見せた。

 1年ぶりにまたタイトル戦を戦う、渡辺三冠については「名人も防衛されて充実されている印象があります。挑戦者決定戦は途中苦しい場面から非常に粘り強く指されていて、手ごわい印象を感じました。作戦が巧みなんで、後れを取らずに対応できればなと思います」と表情を引き締めた。

 初の防衛戦となり、最年少防衛記録も視野に入る。「挑戦とは違うところもあるんでしょうけど、自分としてはあまり違いは意識せずに臨めればなと思います」と自然体で挑むつもりだ。

 「あした熱戦になるように全力をつくしますので楽しんで観戦していただければと思います」と締めくくった。

関連リンク

  • 6/5 19:41
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます