千原せいじ「ゴミ問題は教育から」吉本芸人浜辺でクリーン活動

拡大画像を見る

 千原兄弟の千原せいじ(51)、南海キャンディーズのしずちゃん(42)、とにかく明るい安村(39)、おかずクラブらが世界環境デーの5日、千葉市で「幕張の浜 ビーチクリーン活動」に参加した。集まった約200人の一般参加者と共に30分間、海の清掃活動に取り組み、大量のごみ袋が集まった。

 せいじは番組で訪れたとある国で言われた驚きのエピソードを語った。「ゴミがドワーっとあって、このゴミどうすんねんと言ったら、半年たったら雨が流してくれるって(言ってた)。ゴミ問題は教育から」と真面目な表情で話した。

 安村はこの日も衣装のパンツ姿で登場し「僕は環境に配慮して、服を着ないというのを選んでいる」と、エコをアピールした。

 清掃終了後、しずちゃんは「ゴミを拾うごとに、自分の心の中のゴミも拾っているような気がしました」とコメントし、参加者からも自然と拍手が。せいじはそのコメントに対して「俺が言ったことにしてくれへん?」とボケて、会場を笑わせていた。

関連リンク

  • 6/5 16:51
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます