畑に突然出現した大穴 徐々に広がり民家に迫る(メキシコ)

拡大画像を見る

大穴が出現したのは、メキシコ中南部プエブラ州サンタ・マリア・サカテペックにある畑のど真ん中だ。

近くの民家に住むエリベルト・サンチェスさん(Heriberto Sanchez)とマグダレーナ・サンチェスさん(Magdalena Sanchez)は先月29日、雷と間違うほどの轟音を聞いたという。そして外を確認してみると、家のすぐそばの地面が陥没した音だったことが判明した。

マグダレーナさんは「穴に近づいて見ると、地面が沈んで水しぶきを上げていました。それを目にしてしまって、パニックになりましたよ」と陥没が始まった当時を振り返った。

大穴は翌30日に直径30メートルに広がり、31日には60メートル、6月1日には80メートルと急速に拡大していった。

撮影された写真では、穴の右側が崩れかけている状況が見て取れる。この大穴を一目見ようと地元の人が多く訪れている姿も写っており、安全確保のため現場には規制を示すテープが張られた。

穴の中には地下水が溜まっており、穴が拡大の一途をたどれば間違いなく家を飲み込んでしまうだろう。

避難を余儀なくされているサンチェスさん一家は「私たちはこの地域の出身ではなく、近くに親戚もいないので頼る当てがないんです」とホームレスになってしまうと頭を抱えている。

またこの家は、多くの時間と労力を注いで作り上げたそうで「こんなことが起きてしまって、本当に悲しいです」と明かした。

現場では調査が進められているものの、安全を優先して行っているため未だ原因は明らかになっていない。環境大臣のビアトリス・マンリーケさん(Beatriz Manrique)は「穴の出現は、土壌の軟化と地下水の汲み上げという2つの要因が重なったことが原因ではないか」と推測している。

同州のミゲル・バルボーザ州知事(Miguel Barbosa)は「穴の拡大がいつ止まるのかは自然が決めることなので分かりませんが、この状況は大きなリスクを抱えています。穴に落ちてしまうなどの悲劇が起きないよう、同地域の人には注意を呼びかけています」とコメントした。

画像は『NBC News 2021年6月4日付「Massive sinkhole threatens house in Mexico’s Puebla state」』『New York Post 2021年6月2日付「Massive sinkhole opens in Mexico ― and it’s growing」(Twitter/@PC_Estatal)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連リンク

  • 6/5 14:45
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • あきひろ

    6/5 17:50

    メキシコの地下鍾乳洞は有名ですね。

記事の無断転載を禁じます