フタ止めシール廃止のカップヌードル 変更後のデザインに「実現するとは」

拡大画像を見る

さようなら、すべてのフタ止めシール。

Twitter上で、日清食品『カップヌードル』が発表した内容が反響を呼んでいます。

年間33tのプラスチックを削減

カップヌードルには、底部分にフタを止めておくシールがついていました。

しかし、発売50年を機に、シールの廃止を決定。これにより、年間33tのプラスチックを削減できるといいます。

また、シールを廃止することにより、フタ部分のデザインが変更されることもカップヌードルは発表しました。

開け口が2つになることで、シールを使わずともフタを止めておくことができるといいます。

また、フタをあけると2つの開け口が猫の耳のように見えることから「かわいい」といったコメントも。

実は、2020年にカップヌードルは、『猫の日』に合わせて、同様のデザインをTwitterで公開していました。

当時は、まさか開け口が2つのフタデザインが実現するとは、誰も思っていなかったことでしょう。

だからこそ、今回のカップヌードルの発表は、シールが廃止されること、そして過去の投稿が本当になったことと、二重の驚きを与えました。

なお、ビッグサイズのカップヌードルは今後もフタを止めるシールが付くとのこと。

シールがなくなり、2つの開け口になったカップヌードルを手に入れた際には、猫の顔を書いて楽しみたくなりますね!

[文・構成/grape編集部]

出典 @cupnoodle_jp

関連リンク

  • 6/5 12:05
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます