北斗晶 ネット広告でスニーカー購入も、届いたのは「新幹線」?

拡大画像を見る

 元プロレスラーでタレントの北斗晶が1日、ブログを更新し、インスタグラム広告で購入したスニーカーが届いたものの、あまりに写真と違ったことを報告した。

 北斗は買い物好きらしく、これまでネット広告に載っているファッションアイテムを複数購入。しかし「ロングスカートを頼んだら、膝上ミニスカートが届き…裾の広いパンツを頼んだら届いたのは柔道着のズボンみたいだったり」と失敗も多かったという。「広告の写真と違いすぎてその凄さに、腹が立つのを通り越して笑ってしまったけど」と買い物の失敗を羅列した。

 今回は「靴やスニーカーなら、いくらなんでも間違いない!!そう思って、信じて、広告から飛んでスニーカーをポチッと購入しました」とネットに載っているスニーカーの写真を引用。白い紐靴の底まわりにレインボーカラーのグラデーションが帯状に配され、厚底のかかと部分にはシルバーの装飾。前にもキラキラしたワッペンが縫い込まれている。

 「夏場にピッタリだしポチッとしてから届くのを楽しみにしていたら…海外からなのに結構、早めにスニーカーが届きました ワクワクして荷物を開けてみたら…私の元には…なぜか!?新幹線が届きました」と、商品写真を掲載。

 そこに写っていたのは紐のない白い靴で、レインボーカラーではなくグレーとベージュのライン。前面のワッペンはまるで新幹線の窓のようだった。「いくらなんでも違いすぎるべ これ…スニーカーじゃなくてズックだろう だいたい、この光った新幹線の窓ガラスみたいなひどいワッペンはなんだべ」と怒りもわいてきた模様。

 結局、自分でワッペンをはがし、靴の中に入っていた白い靴紐を通して履くつもりのようだが「ここまで違うのを堂々と送ってくる事に腹が立つけどあっぱれ 流石に、広告に出てくる品は時に…注文したものではなく、似た物が届く事もあると勉強したわ(全く似てないけど)」反省していた。「もちろん、ちゃんとした通販会社さんの名誉の為に言いますが、見本と同じ商品が届く通販もあるからね。悪しからず」とつづっていた。

関連リンク

  • 6/5 10:52
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます