ゆりやんレトリィバァ、英語特別講師役で出演「学生時代にやっていた勉強法と一緒」

拡大画像を見る

ゆりやんレトリィバァが、6月6日に放送される日曜劇場『ドラゴン桜』(TBS系、毎週日曜21:00~)の第7話に出演。桜木建二(阿部寛)が招集する英語特別講師・由利杏奈(ゆり・あんな)を演じる。

今作は、週刊漫画誌「モーニング」(講談社)にて2018年から人気連載中の三田紀房による「ドラゴン桜2」が原作。2005年に放送された前作ドラマの原作である「ドラゴン桜」(2003年~2007年連載/講談社)の15年後を描く続編で、“令和”になった今だからこそ日曜劇場でやるべきエッセンスを取り入れたドラマオリジナルのストーリーが展開される。

日曜劇場初出演のゆりやんが演じる由利は、生徒たちの「リスニング力」を強化するために登場。前作の『ドラゴン桜』でも英語の特別講師として川口洋が招かれ、生徒たちにエアロビクスをしながらビートルズの曲の歌詞を復唱させる、という突飛な勉強法が展開されたが、由利も予想だにしないポップな方法で生徒たちのリスニング力を強化。はたしてその授業の方法とは?

ゆりやんといえば、今年3月の『R‐1グランプリ2021』で優勝、2017年には『女芸人No.1決定戦 THE W』優勝と2冠を達成し快挙を成し遂げたのが記憶に新しい。芸人としての活躍がめざましいゆりやんだが、実はアメリカ留学の経験があり、2019年にはアメリカの人気オーディション番組に出演、その英会話力でも大きな話題に。将来は世界で活躍できるタレントになりたいと語るほど海外志向が強い。そんなゆりやんが今回、英語講師として桜木たちとどのような芝居を繰り広げるのかに注目だ。

なお、先週放送された第6話には、安田顕演じる国語特別講師・太宰府治が登場。わずか数分の登場にも関わらず、衝撃を与えた太宰府にインターネット上では「クセがすごい」「存在感抜群!」「インパクトありすぎ」との声があった。

<ゆりやんレトリィバァ コメント>
今回このお話をいただいたときは、すごくうれしかったんです。けど、前作も見ていたので「あの作品に本当に私が出られるの?」と恐れ多いという気持ちが最初の印象でした。でも実際に現場に入ってみると、緊張していた私に阿部寛さんをはじめキャストの皆さんが本当に優しく接してくださったので、のびのびと楽しくお芝居ができました。

私が演じる杏奈が教える勉強法は、実は私が学生時代にやっていた勉強法と一緒なんです。誰かに教えてもらってやっていたわけではないですが、あの頃やっていた勉強法が的を射ていたんだと思って感慨深かったですし、お芝居をする上でも自分の実体験を生かして演じられた気がします。その勉強法とはいったいどんな内容なのか? ぜひご期待いただけたらうれしいです。

<第7話あらすじ>
東大専科の7人が東大模試を受けることになった。模試で合格の見込みがないと判断された者は専科をやめなければいけない。今の学力では何人かは最低のE判定になることは明白だ。桜木(阿部)が出したあまりに高いハードルに、生徒たちは混乱し、水野直美(長澤まさみ)も不安に襲われる。

模試に備え、新たに桜木が招へいした英語の特別講師によるリスニング力強化のための驚くべき勉強法が始まる。さらに桜木は、模試に役立つ「東大模試6カ条」を授けるが、早瀬菜緒(南沙良)と天野晃一郎(加藤清史郎)は、焦りから追い詰められていた。

模試当日、プレッシャーに押しつぶされそうな7人は、それぞれの思いを胸に会場に向かう。一方、龍海学園では先代理事長・龍野恭二郎(木場勝己)が、何やら新たな動きを見せていた……。

関連リンク

  • 6/5 10:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます