深田恭子に代わって比嘉愛未が新ドラマ主演に。代役で輝いた俳優5選

拡大画像を見る

 女優の深田恭子が、適応障害のため芸能活動を一時休養することを発表したのは5月26日のこと。昨年の春から体調を崩すようになり、当面は治療を優先して回復に努めるといいます。

 深田は7月スタートのフジテレビ連ドラ『推しの王子様』に主演することが決まっていました。クランクインは6月初旬を予定。そこで白羽の矢が立ったのが比嘉愛未でした。

◆比嘉愛未「もうやるっきゃない!の覚悟です」

 2006年のNHK朝ドラ『どんど晴れ』でヒロインを務めて以降、『コード・ブルー -ドクターヘリ・緊急救命-』(フジテレビ系)などに出演。仕事の姿勢や真面目な人柄への評価も高いと評判の女優です。

 制作スタッフからも「一度一緒に仕事をしたら、絶対また仕事をしたくなる」と熱い信頼を寄せられているそう。比嘉は5月30日に更新したSNSで、「もうやるっきゃない!の覚悟です」と気合を見せています。

 交代劇は4日にもありました。現在放送中のドラマ『リコカツ』(TBS系)で主人公の父親役だった佐野史郎が、腎臓機能障がいで入院のため緊急降板。7日放送回から平田満が代わりを務めています。

 緊急時に声がかかるということは、それだけ信頼と実力があるということ。代役を引き受けて評価を“爆上げ”した俳優を見ていきましょう。

◆宮沢りえ 急病の天海祐希の舞台に2日半でノーミス

 13年5月、女優の天海祐希が軽度の心筋梗塞で舞台『おのれナポレオン』を途中降板。中止・延期が検討されるなか、演出の野田秀樹が代役に指名したのが宮沢りえ。「これで結果を出したらトップ女優になる!」と口説いたとか。

 本番まで残された時間は2日半。大幅なセリフの変更、昼夜問わずの稽古――出演者全員が一丸となり全4公演を走り抜けた結果、千秋楽で3度のカーテンコールを受けるほど大成功を収めました。

 カンペや黒子を使わず、しかもノーミスだったという宮沢。

 若かりし頃は“ドタキャンする側”でしたが(1995年の映画『藏』の主人公を降板。ポスターなどの名前の並びに宮沢サイドが腹を立てたといわれ、一色紗英が代役を務めた)、天海祐希の代役で大幅に株が上がったのは言うまでもありません。

◆賀来賢人 不祥事の小出恵介のドラマに登板

 俳優の小出恵介が未成年飲酒と淫行で活動休止を発表したのは2017年6月のこと。人気者だっただけに出演が決まっていた作品も少なくなく、その1つが同年の夏ドラマ『愛してたって、秘密はある。』(日本テレビ系)でした。

 福士蒼汰演じる主人公の恋人の兄という役で、放送開始は7月中旬。この事態に名乗りをあげたのが、小出の事務所(当時)の後輩である賀来賢人でした。

 賀来はこのクール、2本のドラマ(TBS系『わにとかげぎす』、WOWOW『アキラとあきら』)に出演。8月からはミュージカル『ヤングフランケンシュタイン』が開幕と、4作品を同時並行。しかもちょうど第1子が生まれたばかりで、家庭も大変だったと推測されます。

 殺人的スケジュールもこなせる力を見せた賀来。これが翌18年から始まるブレイクの序章だったのかもしれません。

◆渡辺大 成宮寛貴の電撃引退でドラマ撮り直し

 薬物使用疑惑で16年12月に芸能界を電撃引退した元俳優の成宮寛貴。現在は本名の平宮博重(なりみや・ひろしげ)としてアパレルのディレクションなどを行なっています。

 平宮氏は引退時、テレビ朝日系ドラマ『就活家族~きっと、うまくいく~』への出演が決まっていました。すでに4話まで撮影が進んでいたといいますが、急きょ渡辺大で撮り直し。

 父は渡辺謙、妹は杏と芸能一家に育ったサラブレッドだからこそ、このピンチをしのげると制作側も踏んだのでしょうか。影響があったのは2日ほどで、無事難局を乗り越えました。

◆川口春奈 沢尻エリカの逮捕で大河ドラマに

 19年11月には大河ドラマで異例の交代劇がありました。翌年放送の『麒麟がくる』で帰蝶役を務める予定だった沢尻エリカが大麻取締法違反の容疑で逮捕。このとき、すでに10話分が撮り終えられていました。

 代役は誰になるのか――。多くの女優の名が挙がり、最終的には川口春奈が引き受けることになりました。川口にとって、これが時代劇初挑戦。2週間程度で所作を覚え、12月初旬には撮影に合流したそうです。

 初回放送は1月5日の予定でしたが、さすがに間に合わず19日に延期。放送当日、ネットには「美しく、凛々しい姿で期待できる」などとコメントがあふれ、日本中が応援モードに。回を重ねるごとに帰蝶は話題となり、SNSのトレンド入りするほどでした。

 かつて主演したドラマの視聴率がことごとくふるわず、「低視聴率の女王」と不名誉なあだ名を付けられた川口。この英断で国民のハートをがっちりつかみました。

◆南野陽子 不倫で辞退の斉藤由貴に代わって登板

 大河ドラマの降板劇はほかにもありました。

 18年放送の『西郷どん』に出演予定だった斉藤由貴の不倫スキャンダルが17年9月に発覚し、ほどなく辞退が決定。撮影入り前でしたが、篤姫(北川景子)の教育係・幾島という重要な役どころのため、現場はてんやわんやだったといいます。キャスティングが難航するなか、勇気ある決断をしたのが南野陽子でした。

「引き受けたからには、精一杯演じさせていただくだけ」。1988年以来の大河出演と“ブランク”があるもそのコメント通り、準備期間は約1カ月と思えないほどの存在感。「こんな迫力あったっけ」「貫禄すごい」とネットも大いに沸きました。篤姫との丁々発止は見事で、ベテランの意地をかいま見ました。

 大河ドラマでは他にも、19年放送の『いだてん』の途中、ピエール瀧が麻薬取締法違反での逮捕のため、三宅弘城が代わったこともありました。こちらでは、すでにピエール瀧で放送した6話分も、総集編や再放送のために、あらためて三宅での撮り直しが行われました。

 代役はプレッシャーがかかりますが、演じきったあかつきには株の上昇は間違いなし。この“チャンス”に比嘉はどうでるのか――。ドラマが楽しみです。

<文/女子SPA!編集部>


関連リンク

  • 6/5 8:47
  • 女子SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます