ワイナルドゥム、バルサ加入間近から一転...PSGのオファーに心揺らぐ?

拡大画像を見る

ジョルジニオ・ワイナルドゥムは現在、FCバルセロナよりもパリ・サンジェルマンに近い存在であるかもしれない。

『ESPN』が金曜日の夜に報じたところによると、オランダ人MFは、PSGが提示する強力な経済的オファーに惹かれているという。
ロナルド・クーマンとっては、新シーズンもバルセロナ監督の続投が決まったものの、昨年の夏から獲得を主張していた選手を欠くことになるかもしれない。

彼の代理人は、FCバルセロナを含む様々なクラブと会い、その意向を把握しているようだ。

また、同じ情報によると、バルサの関係者は、同選手の争奪戦が「膨大」であることを認識しており、獲得に疑問を呈しているとのことだ。

なお、今後この情報がどのように進展するかを見守る必要があるだろう。いずれにせよ、ワイナルドゥムは、欧州選手権のオランダ代表選考に集中しており、すでに何度も「良い大会を作ることに集中している」と語っているが、彼の将来はエージェントの手によって委ねられている。

関連リンク

  • 6/5 8:50
  • SPORT.es

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます