バルサ監督続投へ「ホッとした」クーマン 新シーズンへ「完全に集中」

拡大画像を見る

ロナルド・クーマンは、ついに少なくともあと1シーズン、FCバルセロナの監督を続投することになった。
これは、クラブ会長のジョアン・ラポルタが3日(木)に記者会見で発表したもので、その後、クラブが発表した公式声明の中で、取締役会の後に決定されたことを報告している。

このニュースの後、クーマンは自身のソーシャルネットワークを通じてクラブと会長に感謝の意を伝え、インスタグラムの投稿で安堵していることを告白している。

「選手やスタッフが新シーズンに向けて完全に集中できるようになったので、ホッとしている。この数週間は激しいものだったが、ジョアン・ラポルタ会長が私をサポートしてくれて、平穏な日々が戻ってきたことを嬉しく思う」

「クラブのみんなの目的は同じである。勝つバルサを作り、成功を収めることだ!“Força Barça”」

なお、クーマンのチームにはこの数日間で既に、セルヒオ・アグエロ、エリック・ガルシア、エメルソンの3選手が加わり、幹部には新たにジョルディ・クルイフが就任することが決まっている。

関連リンク

  • 6/5 8:14
  • SPORT.es

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます