失恋直後にグラッときた「男友達の励ましのセリフ」9パターン

悩み相談をするうちに深い仲になってしまうというのはよくある話ですが、たとえば失恋直後の女の子には、どんな言葉を掛けてあげるといいのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「失恋直後にグラッときた『男友達の励ましのセリフ』」をご紹介します。

【1】愚痴を吐き出しやすくなる「俺でよかったらなんでも聞くよ」
「いろいろ溜めこんでいるので、はけ口になってくれるのはありがたいです」(20代女性)というように、愚痴の聞き役に立候補するパターンです。そのためには、「なんでも話せる関係」を事前に構築しておく必要があるでしょう。

【2】否定せずひたすら共感する「うんうん、俺もそう思う」
「つべこべ言わずに話を聞いてくれてうれしかったです」(10代女性)というように、ただひたすらに話に耳を傾け、相槌を打つだけで、女の子を癒してあげられることもあるようです。終わった恋について解決策やアドバイスは求めていない可能性は高いので、聞くことに集中しましょう。

【3】イチ男性としての意見を述べる「○○ちゃんを振るなんて、もったいないなぁ…」
「女としての自信、ちょっと取り戻しました」(20代女性)というように、それとなくかわいいと思っていることを匂わせるのもよさそうです。本当に「もったいない」と感じたら、素直にそう言ってしまってはいかがでしょうか。

【4】ネガティブな思考を止めさせる「そんなに自分を責めるなって」
「『君は悪くない』って言ってもらえて救われました」(20代女性)というように、ショックのあまり視野が狭くなっている女の子には、発想の転換を促すといいでしょう。私が悪いの」などと自責の念に駆られているようなら、「そんなことはないよ」と励ましてあげたいところです。

【5】根拠はなくてもとにかく背中を押す「大丈夫、これで辛い恋愛は最後」
「なんかよくわかんないけど、元気出た」(20代女性)というように、特に根拠がなくても「これで最後」と太鼓判を押してあげるのもよさそうです。ひどい男のせいで痛手を受けた直後の女の子であれば、これほど胸にしみる言葉はないかもしれません。

【6】冗談っぽい口ぶりでムードを明るくする「まあ俺がいるじゃん(笑)」
「『はぁ?』とか思ったけど、ちょっとの間、嫌なことを忘れられた」(20代女性)というように、ジョークのノリで「次の彼氏」に立候補してみるのも、相手次第ではアリかもしれません。大真面目に告白するとドン引きされるおそれがあるので、軽いトーンで伝えましょう。

【7】説得力があるマジカルワード「『運命の人』は別にいたってことじゃない?」
「あ、本当にそうかも…と思えた」(20代女性)というように、うまくいかなかった恋を「運命の相手じゃなかったから」と断じてしまうのもよさそうです。出会いにロマンを求めるタイプの女の子ならストンと腑に落ちるかもしれません。

【8】さり気なく褒めて、女心をくすぐる「かわいくても苦労が絶えないんだねぇ」
「『ホントそーなんですよ(笑)』って言う元気が出た」(20代女性)というように、慰めながらも上手に持ち上げて、女としてのプライドを刺激する手もあります。見た目に自信がある女の子なら、悪い気はしないのではないでしょうか。

【9】言葉よりも行動で気分転換を促す「とりあえず、うまいものでも食べに行く?」
「じっとしていると考えちゃうから、どこかに連れ出してくれるとありがたいです」(20代女性)というように、気晴らしがてらお腹を満たしに誘ってあげるのも喜ばれるようです。ただし、このタイミングでお酒を勧めると悪酔いする可能性が高いので、アルコールありにするかどうかは見極めたほうがいいでしょう。

まずは女の子の話を否定したり解決したりしようとせず、ひたすら聞き手に徹してあげるのがよさそうです。そのうえで、効きそうな「励まし」をいくつか繰り出しましょう。(外山武史)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 6/5 8:00
  • スゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます