オンライン販売も!新潟の地場産品を活用したコラボビール『柚子吟セゾン』発売


新潟県・月岡温泉に位置するクラフトビール醸造所・TSUKIOKA BREWERYは、新潟県胎内市で「胎内高原ビール」を醸造する新潟ビール醸造とのコラボレーションビール『柚子吟セゾン』を、6月5日(土)から数量限定で販売開始する。

夏にピッタリの「セゾンビール」

セゾンビールは、ベルギーの南部のワロン地方で作られていたビアスタイル。柑橘系の爽やかな香りが特徴的で「夏場の農作業の間にのどを潤すビール」として親しまれている。


今回発売の『柚子吟セゾン』は、副原料として使用した柚子が、セゾン酵母由来のフルーティさをさらに際立たせる、爽やかでスッキリとした仕上がり。またコシヒカリを使用することで、酸味と苦味の調和がとれた飲みやすさを実現している。

『柚子吟セゾン』開発ストーリー


同商品の開発は、コロナ禍での家飲みや、新潟県内のマイクロツーリズムとともに楽しんでもらうことを目的としている。新潟の観光地である2社のクラフトビール醸造所だからこそできる企画を考え、今回のコラボレーションに至ったという。


同商品の原材料には、胎内市産のコシヒカリと新発田市産の柚子を使用。地場産品を掛け合わせ、その味わいがマッチする“セゾンスタイル”を採用している。

胎内高原ビール


胎内高原リゾートの一角に位置する「胎内高原ビール」は、1999年の創業以来、地元の湧き水や胎内市産のコシヒカリを副原料に使用した特徴的なビールづくりに取り組んでいる。

TSUKIOKA BREWERY


TSUKIOKA BREWERYは、エメラルドグリーン色の湯が有名な、新潟県・月岡温泉にてビール造りを行っている。同温泉は、「歩きたくなる温泉街」としても親しまれている。

ECサイトオープン

TSUKIOKA BREWERYでは、今回の『柚子吟セゾン』発売にあわせて、ECサイトをオープン。同商品のほか、定番商品などとあわせて全国発送をスタートする。なお製造量が限られているため、ECサイトでは注文してから時間がかかる場合もあるが、工場直送の出来立てクラフトビールを楽しむことができる。

このほか、同ブルワリー併設のKitchen Geppoをはじめ、寺町たまり駅、山の駅胎内高原ビール園売店、胎内高原ビールYahoo!ストア、ビアダイニングen、ロイヤル胎内パークホテル、道の駅胎内たるが橋観光交流センター、JR中条駅などにて販売を予定。なお、販売場所は順次拡大予定だという。

これからの暑い日に、ゴクゴク・シュワッとした酸味を楽しめる『柚子吟セゾン』を楽しんでみては。

■TSUKIOKA BREWERY・KitchinGEPPO
住所:新潟県新発田市月岡温泉552-111

画像をもっと見る

  • 6/4 18:02
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます