拉致日本人含む12万人がいる北朝鮮収容所の内情 3Dアニメで描いた地獄絵巻『トゥルーノース』

拡大画像を見る

 北朝鮮が存在を否定している“強制収容所”、その驚愕の内情を克明に再現した3Dアニメーション映画が『トゥルーノース』だ。日本とインドネシアとの合作映画で、世界各国で公開されたドキュメンタリー映画『happy しあわせを探すあなたへ』(12)のプロデューサーを務めた清水ハン栄治監督の監督デビュー作となっている。アヌシー国際アニメーション映画祭、ワルシャワ国際映画祭、ナッシュビル映画祭、英国のレインダンス映画祭などで話題を呼び、いよいよ日本でも劇場公開される。

「実写で描くとホラー映画になってしまう」という理由からアニメーション表現を選択したと語る清水監督。アニメーション作品でも、超弩級の地獄絵巻となっている。家族のルーツを韓国に持つ清水監督は、北朝鮮の強制収容所に関するあらゆる文献を読み、さらに収容所体験を持つ脱北者たちや元看守へのインタビューを重ね、10年がかりで完成させた労作だ。実在の事件を題材にした韓国の実写映画『クロッシング』(08)でも北朝鮮の強制収容所内の様子が部分的に描かれていたが、収容所の全体像を描くことができたのはアニメーション表現だからこそだろう。

 3Dキャラクターたちにはポリゴンっぽさが残っているが、むしろリアルすぎずに観客にとっては適度な緩衝材の役割を果たしている。多少の違和感は覚えつつも、物語が始まり、主人公一家が強制収容所送りとなってからは、感情移入していくことになる。温かみが感じられにくいと思われていた3Dアニメのキャラクターたちに次第に温もりを感じ、主人公たちの過酷な運命の連続に胸を引き裂かれてしまう。

 物語の始まりは1995年。小学校に通うヨハンとまだ幼い妹のミヒは、両親と共に平壌でおだやかに暮らしていたが、幸せな少年時代は唐突に終わりを告げる。父親のヨンジンは「在日朝鮮人帰還運動」によって日本から北朝鮮に渡り、日本には親族が残っていた。翻訳家として働いていた父親は、ある日姿を消してしまう。どうやら、「政治犯」として逮捕されたらしい。保衛部員(秘密警察)が家宅捜査に現れ、ヨハン、ミヒ、そして母親のユリは「連座制」によって極寒の強制収容所へと送られる。父親が何の罪を犯したかの説明はなく、裁判もなく、保衛部員に逆らうことはいっさい許されなかった。

 強制収容所は、さまざまな政治犯たちの家族が暮らす大きな街として機能していた。収容者たちは、みんな痩せ細っており、まるでゾンビのよう。収容所内の絶対的権力者として君臨するのは、収容者を人間扱いしない看守たちだ。ヨハンらは父親には会えないまま、割り当てられた狭いボロ小屋での生活を始める。支給される食料は、1日300グラム程度のトウモロコシのみ。子どもたちも坑道掘りなどの超重労働が朝から晩まで課せられる。1日のノルマを果たせないと、仲間たちまで連帯責任を取らされ、手を抜こうとすれば仲間から看守に密告されてしまう。食料事情も、労働環境も最悪。強制収容所は、まさに“生き地獄”と呼ぶのにふさわしい場所だった。

 強制収容所からの脱走を試みた者は、さんざんリンチされた挙句、公開処刑される運命が待っている。収容者たちは子どもたちも含めて全員が、脱走者の処刑される様子を見なくてはならない。ある時、ヨハンらは山林の伐採を命じられるが、無謀な伐採計画により山崩れが起き、多くの収容者たちが生き埋めとなる。ヨハンはまだ息のある者を救出しようとするも、収容所の所長は「仕事に戻れ」と冷たく言い放つ。亡くなった者を埋葬することも、収容所内では許されていなかった。ただ、遺体は瓦礫と一緒に捨てておくことしかできない。

 気弱な少年から、タフな若者へと成長していくヨハンだったが、彼の試練はまだまだ続く。母親のユリは最期までお人好しのまま、ヨハンに「誰が正しいとか、間違っているとかではなく、誰になりたいかを自分に問いなさい」と言い残して息絶える。妹のミヒは看守に暴行され、妊娠してしまう。妊娠がバレると、「収容所内でいかがわしいことをしていた」と妊婦だけが処刑されるはめになる。一方、暴行した看守はお咎めなし。ジェンダーフリーもポリコレも、強制収容所内ではまったく通じない。

 絶望しか感じられない強制収容所で、ヨハンたちはどうやって生き延びていくのか? 母親のユリは、家族を処刑された孤児インスの面倒も看ていた。年頃の同じヨハンとインスは兄弟同然に育っていく。2人は森の中で冬眠中のカエルを捕まえる。もちろん、貴重なタンパク質の補給のためだ。2人は食べ物を探しに夜の森を探索し、韓国から投げ込まれた荷物の中から雑誌やビデオを見つけては、「お宝発見!」とばかりに喜び合う。収容所の夜は灯りがなく、真っ暗闇だ。美しい満天の星空を、妹のミヒと見上げる。亡くなった人のお墓を看守に見つからないようにこっそりと作り、遺族から感謝される。

 どうにもならない絶対的な不幸の中で、ヨハンはささやかな喜びを見つけては慈しむ。絶望の世界にいるヨハンは、そんな小さな幸せを心の灯火にして、かろうじて生き延びていくことになる。

 一時は看守に告げ口する監視グループの一員になっていたヨハンだったが、妹のミヒや親友のインスに支えられ、人間性を取り戻していく。ここらへんのヨハンの内面描写は、プロデュース作『happy しあわせを探すあなたへ』で人間はどんな時に幸せを感じるかを追求した清水監督ならではのものだろう。幸福はただ待っているだけでは、手に入らない。ヨハンは、より思い切った行動をするようになる。

 ある日、ヨハンとミヒは日本から拉致されてきた女性の最期を看取る。体の衰弱しきった日本人女性に与える薬も食べ物もなかったが、ミヒは母親の形見である楽器ヘグムを演奏し、日本の童謡「赤とんぼ」を歌う。強制収容所には、日本からの拉致被害者や、日本からの帰還事業で北朝鮮に渡った在日帰国者たちの2~3割が収容されているという。在日帰国者は収容所送りとなり、全財産を没収されることが少なくなかった。収容所内にある日本人村に流れる「赤とんぼ」。その歌声を耳にした日本人は、故郷の美しさを心に思い浮かべて涙したに違いない。ミヒが歌う「赤とんぼ」はとても美しく、そして堪らなく哀しい。

 北朝鮮には12カ所の強制収容所があり、約12万人が収容所生活を送っていると言われている。ナチスドイツ時代のホロコーストを思わせるが、強制収容所よりもさらに恐ろしい場所が北朝鮮には存在する。「完全統制区域」と呼ばれ、ヨハンの父親などの政治犯はそこで日々拷問され続ける、地獄の中の地獄である。強制収容所で暮らす人たちは「完全統制区域」に送られることを恐れ、ソビボル絶滅収容所を題材にした『ヒトラーと戦った22日間』(18)のような暴動を起こすこともできない。金日成、金正日親子が編み出した恐怖政治は、ナチスドイツよりも巧妙である。

 北朝鮮の憲法にも「人権」は謳われているが、ヨハンたちは幼い頃から主体思想(チュチェ思想)を教えられており、人権という概念を知らずに育っている。金ファミリーによる独裁政権を支える主体思想の前では、憲法も人権という言葉もまるで意味がない。

 どうすれば、今も強制収容所や完全統制区域に隔離されている人たちを救い出すことができるのか。我々にできることは、まずは収容所の実態を知ること、そして多くの人にこの映画を観てもらうこと。そこから始めて、国際的世論を高めていくしかない。アニメ史上、最も衝撃的な3D作品『トゥルーノース』。この恐ろしい映画が公開されることで、世界に波紋がどれだけ広がるのか。北朝鮮側の反応も含めて、注目したい。

 

『トゥルーノース』
監督・脚本・プロデューサー/清水ハン栄治 音楽/マシュー・ワイルダー
声の出演/ジョエル・サットン、マイケル・ササキ、ブランディン・ステニス、 エミリー・ヘレス 配給/東映ビデオ 6月4日(金)より日比谷TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー
c)2020 sumimasen
https://true-north.jp

  • 6/4 19:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます