「彼の涙は信じられない」アグエロの父親がグアルディオラを批判

拡大画像を見る

FCバルセロナの新戦力であり、ジョアン・ラポルタ会長がクラブを立て直すために用意した最初のピースのひとつであるセルヒオ・アグエロの父親が、驚きをもって力強く宣言した。

父であるレオネル・デル・カスティージョは、前所属であるマンチェスター・シティの監督ペップ・グアルディオラに対して非常に批判的であり、別れの中で、同監督の感情的な言葉の真意に疑問を呈している。

「彼の涙は信じられない。彼は私の息子に対して決して誠実ではなかった。私の考えでは、彼は決して(残留を)望んでいなかった」と、アルゼンチンの『Radio La Red』のインタビューで語っている。

「グアルディオラは素晴らしい監督だが、彼は常にチームの主人公でありたいと思っている。ある日突然、彼は選手を変え、中盤を変え……選手たちは、自分が重要であるかどうかを理解できない。彼はセルヒオが“かけがえのない存在だ”と言っていたが、彼はセルヒオをチーム(の構想)に入れていなかった」

関連リンク

  • 6/4 20:50
  • SPORT.es

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます