佐藤健、武井咲の有村架純への質問に驚き「1番聞きづらいこと」

拡大画像を見る

俳優の佐藤健が4日、都内で行われた映画『るろうに剣心 最終章 The Final』の大ヒット舞台あいさつに武井咲、青木崇高、土屋太鳳、江口洋介、メガホンをとった大友啓史監督とともに出席した。


和月伸宏氏による人気マンガを原作とした実写映画シリーズ。これまで『るろうに剣心』(2012年)、『るろうに剣心 京都大火編』『るろうに剣心 伝説の最期編』(2014年)の3作が公開され、大ヒットを記録。今年公開された「The Final」「The Beginning」で10年続いた実写シリーズに終止符が打たれた。

「The Final」は4月23日に公開されており、今日は『るろうに剣心 最終章 The Beginning』の初日だが、佐藤は「Finalの初日のつもりでここに立っています。(新田)真剣佑はアメリカで頑張っていますけど、こんなに豪華な仲間と監督とここに立てて幸せ」としみじみ。「FinalとBeginningは2つで1つの作品。両方見てほしい。2つの作品を堪能していただければ幸い。FinalをみるとBeginningがより面白く感じるし、その逆もしかり。ぜひそういった楽しみ方をしてほしい」と呼びかけた。

この日の天候は雨。実は「京都大火編」のレッドカーペットも大雨だった。司会者から「佐藤さんのせい?」と聞かれると、「なんで?雨男は監督じゃない?」とじと目。しかし監督は「僕は晴れ男」といい、青木も江口も雨男を全力で否定した。すると佐藤は「自分の主演作の完成披露とか、ほぼほぼ雨なんです」と観念し、「今日もその思いが天に伝わったのかな」と薄く笑った。


「The Final」の舞台あいさつの後、「一部キャストを入れ替えてのThe Beginning」の舞台あいさつが行われる。そこでステージを一緒にしない役者へ質問を投げかけるコーナーが設けられ、武井は、雪代巴を演じた有村架純へ質問した。



武井は「(自身が演じた)薫とって、巴は特別な思いがある。The Finalの撮影中、薫は巴さん寄りの髪型になっていましたよね。監督もそう指示を出しているのを聞いてしまって。有村さんには、巴に寄せた薫はどうだったのかを聞きたい」とした。すると佐藤が「それ、本人によく聞けんな。メンタルすごい!1番聞きづらいこと」と驚き。武井は「合格かどうか聞きたいだけなの!」と必死に弁明していた。

一連のやり取りを聞いていた大友監督は「剣心にとって2人は過去の人と今の人ですから。そこは女優同士でバチバチやってくださいよ」とにやり。武井は再び「有村さんこの場にいないんだから止めて!」と慌てていた。


土屋は「The Finalの初号のとき、巴さんのエピソードに号泣しすぎて、架純ちゃんに心配をかけてしまったので、あえて(The Beginningを)見ていないんです」と告白。大友監督に向けて「The Beginningと撮影していて、カットかけたくないと思った瞬間を教えて」と質問し、大友監督は「次の舞台あいさつで答える」とした。

最後にマイクを握った佐藤は「このメンバーで何かするのは今日で最後ですよね。最後です!寂しいです」と感慨深げ。「作品はみなさんの手に届いたときから自分たちの物ではなくなる。そこで完成する。我々にとって意味のある、愛着のある作品なので、できたら末永く愛してほしい。映画館で上映されている時期、僕にとっても大切な時期で幸せな時期。噛み締めながら生きたいし、その気持をできるならみなさんと共有したい」とかける想いを打ち明けた。

関連リンク

  • 6/4 20:37
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます