ポケモンの虫かご第二弾「マスターボール」 子どもも虫が好きになりそう

拡大画像を見る

ゲーム「ポケットモンスター」シリーズには、「モンスターボール」という道具が存在する。「ポケモン」を捕獲、収納できるボールだ。このボールを再現した虫かごが、実在する。名前は「モンスターボール 虫かご」で、2019年6月に販売を開始した。

その第二弾として2021年6月4日、「マスターボール 虫かご」が登場。メーカーに開発の経緯を聞いた。

ポケモンの世界が現実に

「モンスターボール 虫かご」は、ボールのデザインや、作中のように本体の上半分が開くギミックを再現しつつ、安定して置けるように底面を平らにするなど、虫かごとしての機能をしっかりと備えた製品だ。

開発メーカーのキャステム(広島県福山市)を取材すると、商品開発担当は、第一弾の「モンスターボール 虫かご」は2年間での販売数がもうすぐ10万個に達すると答えた。現在一番ヒットしている商品とのことだ。

ゲーム作中にも、虫をモデルにしたポケモンがいる。同社内で、ボールを模した虫かごで本物の虫を捕まれば「ポケモンの世界が現実になるよね」という会話が交わされ、それが「モンスターボール 虫かご」誕生のきっかけだと話した。

購入者からは「ポケモンの世界が現実になった」という声や、虫を苦手としていた子どもが虫を好きになったという反響が寄せられているという。中にぬいぐるみを入れて飾ったり、お菓子を入れてプレゼントに用いたりと、想定していなかったユニークな使われ方もあるそうだ。

「モンスターボール」と「マスターボール」が人気

こうした好評の声を受けて、「第二弾を製作することになった。ゲーム内には「スーパーボール」「ハイパーボール」と何種類ものボールが存在する中、なぜ「マスターボール」が登場したのか。

実は、ファンの間では「モンスターボール」と「マスターボール」が人気の「二大巨頭」なのだという。こうした人気を参考に今回、「マスターボール」型の虫かごを作ったとのことだ。

「マスターボール 虫かご」は6月1日に予約受付を開始したが、4日までに2万個分の予約が<J-CASTトレンド>

入っていると担当者は明かした。発表後インターネット上で話題となり、「これで絶対に虫が捕まえられる」「自分が子どもの頃だったら絶対に買ってた」といった反響が寄せられているとのことだ。

関連リンク

  • 6/4 19:30
  • J-CAST

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます