「デカ過ぎる」「遭遇したら絶叫するわ」 日本に引っ越したオーストラリア人YouTuberが巨大アリにビックリ

拡大画像を見る

アニメ好きで『Twitch』などでも活動しているオーストラリア人YouTuberが、「日本に引っ越して、クレイジーなオーストラリアの野生動物からようやく逃げられると思ったんだけど、これだよ」と動画付きでツイート。「デカ過ぎる」「恐ろしい」といった声が寄せられていました。

ハガキの上に捕らえられているアリ。南西諸島以外の日本全国に生息しているクロオオアリは、体長は7~12mmほどとされていますが、文字や爪と一緒に写ったサイズを見ると20mm程度ありそう……。クロオオアリは5~6月の雨上がりの日に雄アリと雌アリが飛び出して「結婚旅行」をすると言われており、その際に何らかの理由ではぐれたのかもしれません。このツイートには「こんなの遭遇したら絶叫するわ」「アニメだと日本の生き物はカワイイのに」といった反応のほか、「なんかリラックスして見える」「オーストラリア人だと分かって来たのでは?」という冗談や、「スズメバチに気をつけて!」といった声も上がっていました。

ちなみに、オーストラリアには8万種以上の昆虫が生息していると言われており、その9割以上が固有種。特に毒性を有したクモ類が多く、サソリや毒ヘビといった危険な生物もいます。

※画像はTwitterより
https://twitter.com/TheAn1meMan [リンク]

関連リンク

  • 6/4 19:30
  • ガジェット通信

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます