知りたい!「親に紹介しやすい」彼氏の特徴4選とは?

拡大画像を見る

彼氏がほしいと思ったとき、ふと親に紹介しやすい人がいいなと思いませんか?どうしようもない彼氏と付き合っていると「親には紹介できない」と感じますよね。
特に結婚を考える年齢になったら、親に紹介できる人と付き合わないといけないという気持ちが増すものです。
そこで今回は、親に紹介しやすい彼氏ってどんな特徴を持っているのかについて紹介しますね。


バツ歴がない

バツ歴があるだけで親は見方をどうしても変えてきます。最初から良い印象なんて持てるはずもなく「離婚しているから問題があるのでは?」「離婚の理由を自分のいいように言っているのでは?」と思ってしまうでしょう。
そのため、できるだけバツ歴がない人のほうが親に紹介しやすいと言えます。親も余計なことを考えないのでストレートにその人のことを見てくれるでしょう。


仕事をしっかりしている

社会人という年齢になっているのに、一定の収入がない、バイトで食いつないでいるという男性は親に紹介しにくいものです。
親に彼氏を紹介すると必ず「何の仕事をしているの?」と聞かれます。収入も気にするでしょう。そのため、そこが安定していないと親からの評価はかなり下がってしまいます。そのため、安定した仕事をしている人は紹介しやすいと言えるでしょう。


マナーがある

彼女の親に会ったときに、親に対してきちんとした言葉で話ができる、食事をするときに上品に食べることができる人なら紹介しやすいですね。
慣れてきたときにタメ語になってしまうような人だとしたら紹介しにくいでしょう。フレンドリーな人と見ることもできますが、親からしたらマナーがない人になってしまいます。
マナーがある人は、挨拶もしっかりしているため、いつ親に会わせても大丈夫だという自信を持つことができますよね。


お酒の飲み方が上手

彼氏に親を紹介するときに、どこかで食事をするということもあるでしょう。そのとき、お酒が入ることもありますね。
お酒が入ったら人が変わる、お酒に呑まれてしまう人だとしたら、親に紹介するのは気が引けるでしょう。
しかし、お酒の飲み方が上手で酔っぱらわない人だとしたら安心して親に紹介することができ、いつでも食事に行くこともできますよね。


親に紹介しやすい彼氏を選ぶのも大事

付き合う前に「この人なら親に紹介しやすいかな?」という判断で彼氏を選ぶのも大事です。その選択が後に自分を救うこともあるでしょう。(みいな/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 6/4 19:30
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます