『ゴジラvsコング』新公開日が7月2日に決定 大迫力IMAX版ポスター披露

拡大画像を見る

 公開延期となっていたハリウッド版『ゴジラ』シリーズ最新作『ゴジラvsコング』の新たな日本公開日が、7月2日に決定。併せて、ゴジラとコングの大迫力の究極バトルを体感できるIMAX上映の日本版ポスターが解禁された。

 前作で強大な怪獣たちとの死闘の末、王<キング>として覚醒したゴジラが今回対決するのは、同じく映画史に君臨してきた究極のモンスター・コング。かつて日本で制作された『キングコング対ゴジラ』(1962年)以来となる夢のマッチメークが再び実現する。

 日本からは小栗旬が出演し、ハリウッドデビューを飾る。小栗が演じる芹沢蓮は、ハリウッド版『ゴジラ』シリーズ前2作で渡辺謙が演じた芹沢猪四郎博士の息子という重要な役どころだ。

 既に公開された42の国と地域全てで映画週末興行ランキングナンバーワンを獲得。北米では3週連続ランキング1位、累計9800万ドルを突破し、コロナ禍の下での最高記録を更新し続けている。全世界累計興収もすでに4億3500万ドル(約477億円)を突破した。日本はゴジラ生まれ出づる国にふさわしく、主要国・地域の中では“大トリ”での公開で、この究極バトルの締めを飾る。

 アダム・ウィンガード監督は「『ゴジラvsコング』がいよいよ日本で公開されることになり、とても興奮しています! シリーズの大ファンの皆さんが待ち望んだバトルを遂に、映画館の大スクリーンでご覧いただけます! 私は、この映画が世界中の映画ファンに喜びを届けられたことを非常に誇りに思っています。今度は日本の皆さんの番です! 最初から最後まで一瞬たりとも目を離さずに『ゴジラvsコング』を楽しんでください!」とのコメントを寄せた。

 IMAX上映の日本版ポスターは、ゴジラとコングのそれぞれの咆哮(ほうこう)が天地から響き渡ってきそうなくらいド迫力のビジュアル。ウィンガード監督が試写の際に「数メートル先で、等身大のゴジラの顔とリアルに対面しているかのような大迫力だった」と自画自賛していたIMAX版は、全国にあるIMAX劇場全38館で7月2日より同時公開を予定している。その他、MX4D、4DX、ドルビーシネマも初日から同時公開となる。

 映画『ゴジラvsコング』は7月2日より公開。

関連リンク

  • 6/4 15:49
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます