映画『はるヲうるひと』の魅力に迫る!佐藤二朗監督、主演 山田孝之など インタビューまとめ

拡大画像を見る

個性派俳優として知られ、バラエティ番組の司会やCMなどでも人気を博す佐藤二朗さん。佐藤さんが監督した映画『はるヲうるひと』がいよいよ公開されます。主演に山田孝之さんを迎え、普段の楽しい佐藤さんのイメージを覆すような想像を超えた傑作です。佐藤さんや山田さんらキャストのインタビュー記事を一覧にしました。

 

映画『はるヲうるひと』とは?

 
佐藤二朗が主宰する演劇ユニット「ちからわざ」で2009年に初演、2014年に再演された舞台を映画化。
主演は山田孝之。仲里依紗、坂井真紀、向井理らが共演。
舞台版からの出演者、今藤洋子、笹野鈴々音、太田善也、大高洋夫、兎本有紀らも加わり、約5年を掛けて完成。
第35回ワルシャワ映画祭の1-2コンペティション部門(長編監督2作目までの部門)に正式出品作品として上映され、現地でも大きな反響を呼んだ。
第2回江陵国際映画祭では最優秀脚本賞を受賞。

佐藤二朗監督いわく「架空の島の売春宿で、生きる手触りが掴めず、死んだ様に生きる男女が、それでも生き抜こうともがく壮絶な闘いのおはなし」。

至るところに「置屋」が点在する島。
本土からは日に二度連絡船が出て、客がやって来る。
この閉塞された島で一生を過ごす住民たち。
女は、客から話を聞いて「外」への思いをはせる。
男は、そんな女たちの「夢」を一笑に附して留まらせる。
ある置屋に「三兄妹」がいた。
長男の哲雄(佐藤二朗)は店を仕切り、その凶暴凶悪な性格で恐れられている。
次男の得太(山田孝之)は哲雄にこびへつらい、子分のようにしたがっている。
長女のいぶき(仲里依紗)は、長年の持病を患い床に伏しいてる。
ここで働く4人の個性的な遊女たちは、哲雄に支配され、得太をバカにして、いぶきに嫉妬していた。
女を売る家で唯一女を売らず、それどころか優遇された箱入り娘。
しかも、いぶきはだれよりも美しかった。
得太は、その美しいいぶきを幼少から見守り寄り添っている…。
 
 

 
 

インタビュー一覧

 
監督・脚本・出演の佐藤二朗さんをはじめ、主演の山田孝之さん、さらに仲里依紗さん、坂井真紀さんの4人にインタビューし、『はるヲうるひと』の魅力や撮影の裏側などを たっぷりと語っていただきました。
映画の見どころや、4人の思いなども伝わるインタビューを ぜひご堪能ください!
 
 

佐藤二朗監督

 

 
紆余曲折あったキャスティング、山田さんをはじめとする出演者の方々の名演、監督としての今後などについて語っていただきました。
インタビューはこちらから。

 
 

得太役 山田孝之さん

 

© 2020「はるヲうるひと」製作委員会

 
得太というキャラクターや、映画を作ることの意義について、そして今このつらい時期を乗り切るアドバイスなどを語っていただきました。
インタビューはこちらから。

 
 

いぶき役 仲里依紗さん

 

© 2020「はるヲうるひと」製作委員会

 
いぶきを演じる上で佐藤監督と話し合ったことや、共演した山田さんの現場での様子、印象的なセリフなどについて語っていただきました。
インタビューはこちらから。

 
 

峯役 坂井真紀さん

 

© 2020「はるヲうるひと」製作委員会

 
佐藤監督が書いた脚本の印象や独特のせりふ回し、集中力が高かった共演者の方々について、さらに今後挑戦したいことなどを語っていただきました。
インタビューはこちらから。

 
 

公開情報

 
『はるヲうるひと』
2021年6月4日(金)より、テアトル新宿ほか、全国ロードショー
© 2020「はるヲうるひと」製作委員会
出演:山田孝之
   仲里依紗 今藤洋子 笹野鈴々音 駒林怜 太田善也
   向井理 坂井真紀 佐藤二朗 ほか
原作・脚本・監督:佐藤二朗
製作総指揮:吉田尚剛 製作:永森裕二/松井智
プロデューサー:飯塚達介 向井達矢 ラインプロデューサー:尾関玄
キャスティングディレクター:杉野剛 音楽:遠藤浩二
脚本協力:城定秀夫 撮影:神田創 照明:丸山和志
美術:坂本朗 録音:小林武史 編集:難波智佳子
音響効果:柴崎憲治 スタイリスト:前田勇弥
ヘアメイク:清水美穂 助監督:杉岡知哉
制作担当:中村元 アシスタントプロデューサー:小林有希
制作プロダクション:ラインバック
企画・配給:AMGエンタテインメント
配給協力:REGENTS
「はるヲうるひと」製作委員会(AMGエンタテインメント/ハピネット)
R15+
 
 

 
 

関連リンク

  • 6/3 18:00
  • 映画board

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます