20歳となった久保建英「一段階ギアを上げて」…OA遠藤航の“大人の余裕”にも言及

拡大画像を見る

 U-24日本代表のMF久保建英が、5日に行われる国際親善試合のU-24ガーナ代表戦に向けての意気込みを示した。

 久保は3日に急きょ開催されたチャリティーマッチの日本代表戦に先発出場。しかし、A代表に力の差を見せつけられる格好となり、五輪世代は0-3で敗れた。

 4日にオンラインのメディア対応に応じた久保は、「チームとしては急きょ決まった試合。せっかくだったので、100%で臨みたかったですけど。いつも練習している相手なので、変な壁は感じなかった。結果として0-3で負けて悔しかったです」と振り返った。A代表との違いについては、「しっかりと自分たちと違うと思ったのは、入りのビジョン。前からプレスをかければ、僕らが蹴ってしまうという想定でいた。自分たちがその予想を上回っていれば、彼らにとっても難しい試合になったと思います」と答えた。

 さらにオーバーエイジ枠として後半の終盤に途中出場し、存在感を放ったMF遠藤航にも言及。「ボールをつけてくれるし、試合でどういうプレーをするのか時間帯を考えたり、全体を俯瞰してゲームを見ている。さらに、個人ではなく、チーム全体の流れを考えての余裕みたいなものが大人かなと思います」とその頼もしさを説明した。

 また、久保は「(ガーナは)本番で初戦に戦う南アフリカの仮想。アフリカ勢にどう戦うのかを含めて本番が近くなっているのでそれも含めて想定できればと思います。飛び込んでくる選手が多いので、あえてボールをさらしたりというのは意識しています」とU-24ガーナ代表戦への意気込みを示した。

 久保にとって、取材が行われた4日は20歳の誕生日。「まだ実感はないですけど、一段階ギアを上げて、大人のサッカー、自分をピッチ内で見せていければと思います。スペインとは文化の根付き方が違うので、日本で騒がれることは割り切っています。日本サッカーに貢献できるなら、騒がれることはなんともないと思っているので。サッカーを普段見ない人が見てくれるならハッピーだし、自分もしっかりと知名度を上げつつ、実力もあるんだぞというのを見せていければ」と、今後の目標を掲げた。

関連リンク

  • 6/4 17:55
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます