レアル 新監督第一候補はアンチェロッティではなかった?!

拡大画像を見る

英紙『The Telegraph』によると、レアル・マドリーは明らかに旧知の人物のベンチ復帰を望んでいたが、1週間前であれば新監督として発表されたカルロ・アンチェロッティではなく、ジョゼ・モウリーニョが第1候補だったようだ。

しかし、ポルトガル人監督はレアル・マドリーからのアプローチを断り、ASローマに集中。5月に就任したイタリアの首都での自分のプロジェクトを進めることに迷いはなかった。

前述のメディアによると、モウリーニョは白いクラブの代表者が彼と連絡を取ったことを報じている。就任したアンチェロッティはすでに新生レアル・マドリーの構想を練っており、本人も「故郷に戻れて嬉しい」と語っている。

関連リンク

  • 6/4 16:50
  • SPORT.es

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます