ヒュー・ジャックマン主演『レミニセンス』9.17日本公開 圧巻スケールのUS版予告解禁

拡大画像を見る

 ヒュー・ジャックマンが主演を務め、クリストファー・ノーランの弟ジョナサン・ノーランが製作を手掛ける映画『レミニセンス』の日本公開が決定。US版の予告映像と場面写真が解禁された。

 本作は、水に支配された近未来の都市を舞台に、人の膨大な記憶を360度の空間で再現するSFサスペンス。人の記憶に潜入する「記憶潜入(レミニセンス)エージェント」が、ある日、警察から“失踪した女性・メイを探す“というミッションを引き受けたことで巨大な陰謀に巻き込まれていく。

 全世界で強く支持されたドラマ『ウエストワールド』の脚本・製作総指揮を務めたリサ・ジョイが本作で監督デビューを飾る。製作は、『インセプション』『TENET テネット』など名作を世に送り出してきたヒットメーカー、クリストファー・ノーランの弟で、『ダークナイト』や『インターステラー』などの脚本も執筆してきたジョナサン・ノーラン。

 主演は、『グレイテスト・ショーマン』(2017)や『X‐MEN』シリーズなど数々のハリウッド大作に出演し、日本でも高い人気を誇るヒュー・ジャックマン。人の記憶に潜入、その記憶を360度再現し、事件を解決する「記憶潜入エージェント」のニックを演じる。共演には『グレイテスト・ショーマン』でヒューと共演したレベッカ・ファーガソン、『ウエストワールド』のタンディ・ニュートンらが名を連ねる。

 解禁されたUS版予告には、海に沈み、人々が未来に望みを失った都市で、ヒュー演じるニックが失踪した女性を探すため記憶に潜入する様子が収められている。かつてアカデミー賞脚本賞にノミネートするなど、ノーラン兄弟の名を一躍世界に知らしめた『メメント』(2000)のように、複数の時間軸を同時進行でみせるジョナサン・ノーランらしい、観るものを欺く手腕に期待が高まる映像となっている。

 6月2日(LA時間)に開催されたトレイラーデビューイベントで、ヒューは「『レミニセンス』には、様々な国の人々が制作に携わっているし、題材も普遍的な内容だ。とても独創的で新しい作品だし、僕は直感的に、この映画は世界中の皆が共感できる作品だと感じているんだ」と語った。

 本作のストーリーについて、監督のリサは「まるで未来を予言したのではないかと思われるかもしれません。私にとってSFの世界は、“今現代に起こる出来事の大いなる比喩”だと思うんです」とコメントしている。

 映画『レミニセンス』は9月17日より全国公開。

関連リンク

  • 6/4 12:00
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます