季節ごとに違った魅力が!大分で幻想的な地底の世界を訪れよう

拡大画像を見る

国指定の天然記念物、風連鍾乳洞。ここは、大分市から国道10号線を37km程南に進んだ臼杵市野津町泊にあります。洞の奥行きは約500m、閉塞型の鍾乳洞です。(※“風連鍾乳洞”公式HP参照)


風連鍾乳洞に行ってきました。


懐中電灯を渡され、出発!



平日の空いている時間帯に行きました。

受付の方に「怖いですか?」と聞きました。「往復30分くらいで、ライトもついていますよ」とのこと。入場券と引き換えに懐中電灯を持って出発です。山道を少し上がると鍾乳洞入り口の看板が見えてきました。


ひんやり…、自然のクーラーを体感!


足元に気を付けて、探検気分!



足元を懐中電灯で照らしながら階段を降りていきます。自然のクーラーで涼しくなってきました。洞内の気温は、四季を通じて15度前後と言われ、夏は涼しく、冬は暖かです。この時は10月初めだったので、洞内はひんやりと気持ちが良かったです。


ここは癒しのスポット!!


この場所は、滴る水と癒しの音を楽しんで!



この場所だけ、上から水が滴り落ちていました。その水の音が洞内に響き渡り、ずっとここにいたいくらい癒される空間でした。
ここでは滴の落ちる瞬間と音を記録したくて、動画も撮りました。


ここのメイン、竜宮城より


竜宮城の美しさに感動!



神秘が漂う地底の世界にやってまいりました。
自然が生み出した不思議な色や形のアートに驚かされました。
鍾乳石にも名前がついていたりして、見ごたえがあります。
1番上まで階段を上がれますが、細くなっていて滑りやすいのでお気を付けて…。


折り返して出口へ


ちょっとこわそう…。ドキドキ…。



帰り道も神秘的!こんな景色、なかなか見られない…。
ちょっとこわいけど、階段を上がっていきます。
左右には鍾乳石。
そういえば鍾乳石を触ってみたかったのです。
手が届きそう…。


触ってみた!


石みたい…。ちょっと粘土みたい…。



触れてみるとここは石のよう。場所によっては粘土が混ざっている手触りも。
いろんな形してて楽しいな。


出口の光が見えてきた!


ほっとした瞬間。光が眩しい。



出口が見えてきました。
地上に近づくにつれ、湿気を感じます。
自然のクーラー、気持ち良かったなぁ…。
風連鍾乳洞、いかがでしたか?
大分県臼杵市あたりに行かれる機会があれば、
ドライブがてら立ち寄ってみるのも楽しいかもしれません。


<スポット情報>
風連鍾乳洞
住所: 大分県臼杵市野津町泊1632
電話: 0974-32-2547

関連リンク

  • 6/4 12:56
  • aumo

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます