【難読】“たいと”ってなに? 「態と」の正しい読み方

拡大画像を見る

本や資料で見かけることがあるけれど、正しい読み方や意味が分からずスルーしてしまっている言葉ってありませんか?

社会人として、知らないまま恥をかくような場面には遭遇したくないですよね。

今回考えるのは「態と」の読み方です。

“たいと”じゃないの? と思った方は、ぜひ答えをチェックしてみてくださいね。

■「態と」の読み方は?

「態」は、状態、態度と読むので、“たい”という読み方が馴染みがありますよね。

しかし、これに送り仮名の「と」をつけて、“たいと”とは読みません。

気になる読み方の正解ですが……。これ、実は“わざと”と読みます。

■「態と」の意味と使い方

『デジタル大辞泉』によれば、「態と」の意味は以下のように解説されています。

わざ‐と【▽態と】

[副]《名詞「わざ(業)」+格助詞「と」から》

1 意識して、また、意図的に何かをするさま。ことさら。故意に。わざわざ。「態と負ける」

2 とりわけ目立つさま。格別に。

「―深き御敵と聞こゆるもなし」〈源・葵〉

3 正式であるさま。本格的に。

「―の御学問はさるものにて」〈源・桐壺〉

4 事新しく行うさま。

「―かう立ち寄り給へること」〈源・若紫〉

5 ほんのちょっと。少しばかり。

「ではござりませうが、―一口」〈伎・上野初花〉

故意に、という意味合いで使う言葉ですね。

「態と~する」や「態とらしく~する」といったふうに、よく使いますよね。

■読めない漢字はきっとまだまだたくさん

あなたは「態と」を正しく読むことはできましたか?

きっと世の中には、あなたが知らない言葉、漢字がまだまだたくさんあります。よく使っている言葉ですが、意外と読み方が難しいですよね。

漢字はなかなか馴染みがないかもしれませんが、よく使う言葉なので漢字も覚えておきたいですね!

関連リンク

  • 6/4 11:10
  • マイナビウーマン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます