落ち込んじゃいます…【星座別】失恋を引きずりやすい人ランキング|前編

お付き合いしている相手と別れたり、片想いが実らなかったり、失恋したときには落ち込みますよね。その落ち込みからすぐに立ち直れる人と、長く引きずってしまう人に分かれると思います。そこで今回は、失恋を引きずりやすい星座ランキングをご紹介します。

12位【おひつじ座】


前向きな考え方をするおひつじ座さんは、好きだという気持ちを伝えることが大切だと考え、振られたときのことを考えないタイプです。恋人から別れ話を出されたときや片想いの相手に振られたときは、感情を思いっきり出してしまうこともあります。ですが、失恋しても落ち込んだ気持ちは数日で落ち着き、新しい恋の方へ意識を持っていくことができます。

11位【いて座】


あっさりとした考え方をするいて座さんは、告白するときもダメ元で気持ちを伝える傾向にあります。そのため、想いが実ったら喜びますが、振られても「ダメ元だし」とあっさり受け入れることができます。また、相手の気持ちの変化を察する能力が長けているので、交際相手の気持ちが離れているときにはすぐに気付きます。それに気付くと同時に、本人の気持ちも離れていきます。

10位【ふたご座】


相手の気持ちを察することができるふたご座さんは、脈があると思ったときに告白するタイプなので、あまり振られることがない傾向にあります。また、交際自体もさっぱりとした関係が多く、別れ話を切り出すのがどちらからであっても、引きずることはあまりありません。ふたご座さんは飽き性でもあるため、相手より先に別れを告げることが多いです。

9位【てんびん座】


男性からモテるてんびん座さんは、交際相手と別れてもすぐに恋人候補が現れます。また、浅く広い人間関係を築くタイプで、特定の人に絞ることが苦手でもあります。そのためあまり引きずることがなく、先に言ったように言い寄ってくる男性が後を絶ちません。

8位【みずがめ座】


恋愛としての感情と人としての感情を分けて考えるみずがめ座さんは、別れたからといって人間関係を終わりにしない傾向にあります。恋人として関係が終わっても、友人として関係を続けようとします。そのため、別れてからも彼と連絡を取り合うことがありますが、それは恋愛の気持ちを引きずっていることとは別なんです。

7位【しし座】


プライドが高いしし座さんは、失恋を引きずるようなことはしません。本音の部分では引きずっていても、表向きでは失恋を受け入れて気持ちをポジティブに切り替えて行動していくことができます。そのため、どんな形で恋が終わったとしても、それを原動力にプラスへ働かせる強さを持っています。

みなさんはどうでしたか?


恋愛に対する自分の考えを客観的に見ることで、これからの恋愛に活かすことができます。今回のランキングに入っていなかった人は、6位から1位の方をチェックしてみてくださいね。
(監修:NOTE-X)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 6/4 8:00
  • lamire

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます