ケイン獲得を目論むシティ、交渉材料にFW2選手を盛り込む?

拡大画像を見る

ハリー・ケインは移籍市場の爆弾の1つになるだろう。今シーズンの終了間際にトッテナム・ホットスパーに退団希望を伝えたイングランド代表ストライカーには、同じプレミアリーグのビッククラブが注目している。

世界で最も強力なストライカーの1人を獲得するための競争では、マンチェスター・シティがリードしているように見える。
欧州チャンピオンズリーグ(CL)制覇を成し遂げられなかったペップ・グアルディオラのチームは、攻撃に火力を加えることを望んでいる。今シーズンの彼らは、決勝戦を含む大半の試合を純粋な“9番”無しで戦っており、セルヒオ・アグエロのFCバルセロナ移籍(シティ退団)も決まったため、同ポジションを埋めなければならない。

英紙『The Sun』によると、そのためにシティは2人のビッグネームを交渉の対象に加える必要があり、ガブリエル・ジェズスとラヒーム・スターリングがスパーズの会長ダニエル・レヴィを説得するために選ばれた2選手だと主張している。

両選手とも、マンチェスター・シティでは最高のシーズンを過ごしておらず、特にブラジル人FWは、グアルディオラの構想から外れかけている。

いずれにせよ、イングランド屈指の交渉人と呼ばれるダニエル・レヴィは、どんなに移籍マーケットの景気が悪くても、価格の低いオファーは受け入れない可能性が高く、最終的なシナリオは“多額の移籍金が支払われる”か“ケインがロンドンから出て行かないか”のどちらかになるだろう。

関連リンク

  • 6/4 7:50
  • SPORT.es

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます