クロちゃん、団長からのバイオレンスな一面を暴露「人の肉が焦げる臭いがした」パワハラが話題になった芸人4選

拡大画像を見る

 お笑いトリオ・安田大サーカスのクロちゃんが、トリオのリーダー・団長安田のバイオレンスな行動を暴露した。そのクズっぷりは「クロちゃん以上」と話題になっている。

 5月30日放送の関西テレビ『マルコポロリ!』は、クロちゃんととろサーモン・久保田かずのぶをメインとした特別企画「クズ芸人ツートップ夢の共演SP」。クロちゃんの虚言癖や久保田のお金にまつわるクズエピソードで盛り上がりを見せていた。しかしクロちゃんは、共演していた団長の話になると、「めっちゃ殴りますよ」とここぞとばかりに団長のクズな一面を暴露。団長はこれを否定せず、「人ってね、殴らないと言うこときかない人って一定数いるんです」と堂々とした態度を見せた。

 それどころか団長は、「(クロちゃんが)『殴らないでください。殴らないでください!』って言うから、真夏の(熱々の)マンホールに腕をギューっと押さえつけた」と自らヤバすぎるエピソードを告白。クロちゃんが「怖かった。人の焼ける臭いがした。しかも自分からでしょ」「記憶がなくなるくらいやられましたよ」と追撃しても黙ってうなずき、団長は一切否定しなかった。共演者たちがクロちゃんと久保田のどちらがよりクズかを決めるコーナーでは、急遽団長もノミネートされ、見事に全員の票を集めていた。

 ネット上では、「クロちゃん以上w」「団長はクロちゃんと違うヤバさがある」「この人たちは仲がいいんだか悪いんだかわからない」「まぁ誰でもクロちゃんが横にいたら殴っちゃうかもなw」などの声が上がっていた。

 笑い話となった団長とクロちゃんのエピソードだったが、芸人の中には笑えない事件となった例もたくさん存在する。


■TKO・木下隆行

 TKO・木下隆行は、パワハラ事件が元で松竹芸能を退所している。ライブでイジってきた後輩に怒りを覚えた木下は、ライブ終了後にその後輩にペットボトルを投げつけて怪我を負わせた。この件が明るみになると、複数の後輩に自身がディレクターを務めるファッションブランドを半強制的に買わせていたことも発覚。また、『マルコポロリ!』でもクロちゃんが頭を踏みつけられたエピソードを語っている。


■我が家・杉山裕之

 一時期はテレビに引っ張りだこだったお笑いトリオ・我が家の杉山裕之は、酒癖の悪さがたびたび話題になっている。同じ事務所のロッチ・コカドケンタロウいわく「目上の先輩に文句言ったり、関係性のないスタッフさんを殴ったりする」そうで、相方の中岡創一は「3回メガネを壊されている」という。後輩のワタリ119は、マネージャーから杉山と関わらないように注告されていたことを明かしている。また、ハライチの岩井勇気はラジオ番組で、ネタ作り中に呼び出されて朝まで説教をされたにもかかわらず飲み代が割り勘だったことなどを暴露している。


■友近

 女性芸人として唯一無二の存在感を出している友近も、2019年にパワハラ疑惑で世間を騒がせている。友近のパワハラ相手は後輩ではなくマネージャーで、10年間で20人も辞めさせたとされている。それも全ては友近の真面目でストイックな一面からくるもので、長時間に及ぶ説教は日常茶飯事。吉本の上層部に宛てられた元マネージャーからの嘆願書には、友近による「こんなできへんやつ初めて見たわ」「向いてないから辞めろ」などの暴言が記録されていたという。この件が関係してかどうか、2020年1月に友近はエージェント契約となっている。

  • 6/3 7:00
  • TOCANA

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます