2点目挙げた鎌田大地、U24代表戦の“強度”に満足感「1回削られてやばいなと…」

拡大画像を見る

 日本代表MF鎌田大地が、3日に行われたチャリティーマッチのU-24日本代表戦を振り返った。

 3日に開催予定だった『キリンチャレンジカップ 2021』日本代表vsジャマイカ代表が中止になったことを受け、急きょ開催された“兄弟対決”。先発出場した鎌田は、2分に先制点のきっかけとなったコーナーキックを担当する。さらに41分、南野拓実の落としから左足でゴール右下隅に流し込み、チームに2点目をもたらした。後半に浅野拓磨が追加点を挙げたA代表は、五輪世代のU-24日本代表を3-0で下した。

 試合後のオンラインメディア対応に応じた鎌田は、得点シーンについて「カウンターというか、ルーズボールを拓実くんがいい落とししてくれて。2対2の状況でいいトラップができて、シュートはボテボテでしたけど入ってよかったです。特にそんなに考えることなく体が勝手に動いたので、そういうときはいいときだと思うし、今日はそういう日だったかなと思います」と振り返った。

 また、対戦の中身については、「本当にやりづらかったですけど、僕が思ってたよりみんな気合が入っていて、僕は他の選手よりふんわり入っていたけど、1回削られてやばいなと思って、そこからスイッチ入ったのでよかったです」、「『球際で負けて入れ替わられたり、局面で剥がされると1番ダメだね』っていう話はしていました。ファウルも多かったけど、いいインテンシティでいい内容でお互いプレーできたと思うので、試合内容としては本当に良かったなと思います」と感想を語った。

 鎌田は続けて、大迫勇也や南野ら攻撃陣との位置関係に言及した。

「あんまり考えていなくて、周りの選手、もちろん周りを見たりしますけど、どちらかというと相手が嫌だろうなと思うところに動くことが多いです。それが今はうまく噛み合っていると思っているので、特に何かを考えながらというのはないです。一応かぶらないようにとは思っていますけど」

「もちろん選手みんなが僕の位置取りに気を使ってかぶらないようにしてくれてるところはあると思います。だけど、僕のプレースタイル的にフィジカルがない分位置取りは大切だし、今日もサイドに張ってCBもボランチもつけないような場所にあえていたりとか、そういうのは意識してやっていました」

 鎌田は最後に4日後に控える2022 FIFAワールドカップ カタール・アジア2次予選のタジキスタン代表戦への意気込みを示した。

「もちろん2次予選突破は決まっていますけど、森保さんは手を抜くことは考えない。目の前の試合でいい試合をすることを意識しないといけないので、いい内容で自分たちがしたいことを表現して、なおかつ勝つということをやっていかなきゃいけないと思います」

関連リンク

  • 6/3 23:09
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます