【湘南】ちょっと渋い?江ノ島~鎌倉グルメたび前編。

拡大画像を見る

都内からもアクセスが良い江ノ島、鎌倉。どちらも見るところが沢山あって、思った以上に歩き回ってたなんてことも。いっぱい歩き回って観光したら、お腹がすきますよね…。せっかく来たから美味しいもの食べたい!という方へ。この夏、私が実際に訪れたオススメグルメスポットをご紹介します!


【鎌倉電車と海の街】江ノ島・鎌倉



鎌倉高校前駅から、晴れた日には青空と海と江ノ島がばっちり見えます。
鎌倉電車と海の写真を撮りたい方は車の通行が少ない、朝早めがオススメです◎


江ノ島名物1. しらす丼



まずご紹介するのはしらす丼。
しらす丼と言っても生しらすを使ったものなのか、釜揚げなのかによって全然違うものになります。
特に生しらすは日によっては収穫が悪く、入荷されていないこともあるので、入店前に必ず確認しましょう。
もちろんお店によってどこ産のしらすを使っているのかも違います。
江ノ島の中のお店では同じしらす丼でもお値段はお店ごとに全然違っていました。
よく見極めて入りましょう。
今回訪れたのは江ノ島の中にあるこちらのお店!


江ノ島の中にあるしらす丼のお店 大正軒




こちらのお店のしらす丼は釜揚げしらすでした。お店自体は江ノ島のシーキャンドル
を通り越して、江ノ島岩屋洞窟に向かう道の途中にあります。
しらす丼はホカホカの白米に、しらすと海苔がボリュームたっぷり。
まずは何もつけずに頂き、醤油をかけてもう一度。お味噌汁もついて、結構お腹いっぱいになりますが、他のお店に比べるとかなりリーズナブルでビックリしました。



店頭で販売している、サザエのつぼ焼きや焼きはまぐりはその場で焼いてくれるので、その場で頂くこともできます!
もちろんお店の中でも。

焼きはまぐりは美味しすぎて、ついもう1つおかわりしちゃいました。
他にも江ノ島丼やおでんもありました。江ノ島丼は後ほどご紹介します。


<スポット情報>
大正軒
住所: 神奈川県藤沢市江の島2-5-19
電話: 0466-25-3755


江ノ島に来たなら食べたい 生しらす丼



生しらす丼はやっぱり鮮度が命!
今回は残念ながら生しらすが不漁とのことで、
江ノ島では生しらす丼には出会えませんでした…。
鎌倉でも生しらす丼を出しているお店はいくつかあります。
鎌倉も江ノ島も美味しいお店は行列が出来ているので、計画的に観光しましょう。
※写真の生しらす丼は鎌倉食堂のものです。鎌倉のお店です。


<スポット情報>
鎌倉食堂
住所: 神奈川県鎌倉市小町2-11-11 大谷ビル 1F
電話: 0467-38-6124


江ノ島名物2. しらすかき揚げ丼/しらすコロッケ


しらす問屋 とびっちょ




地元の高校生にも人気という、しらす問屋「とびっちょ」。
横浜にもお店があるチェーン店ですが、侮ることなかれ。
ボリュームたっぷりのかき揚げしらす丼がとっても魅力的。
よく食べる男性でも、1人で食べ切るのは結構大変そうでした。女性2人くらいで分けて食べてもお腹いっぱいなくらい、ボリュームたっぷり。これでもかとしらすのかき揚げを味わうことができます。

そしてもう1つの名物、しらすコロッケはお箸で割ってみると、予想以上に中が真っ黒でインパクト大。
揚げたてサクサク、猫舌の私はしばらく食べられませんでしたが、お口いっぱいにしらすが押し寄せてきます。

江ノ島に渡ってすぐのところにある江ノ島弁財天仲見世通り店の他に本店、「cafeとびっちょ江の島ヨットハーバー店」が江ノ島にはあります。
江ノ島のお店は観光客向けのお店が多く、個人商店は特に、閉まる時間が早めです。
江ノ島で夜ご飯を食べたい方は早めにお店を見つけてくださいね。


<スポット情報>
とびっちょ 本店
住所: 神奈川県藤沢市江の島1-6-7
電話: 0466-23-0041


江ノ島名物(番外編)ちょっと一息


(有)中村屋羊羹店



江ノ島観光は歩きが基本。小腹が空いたらスイーツが食べたくなりますよね。
(有)中村屋羊羹店(ようかんてん)では名物、女夫饅頭(めおとまんじゅう)と海苔羊羹が頂けます。
明治35年(1902年)に創業の老舗で、江ノ島を訪れる観光客向けに考え出したという「海苔羊羹」
当初は外注だったとの事ですが、羊羹作りに見事成功し、それ以来江ノ島名物として広まったそうです。
お土産用にもお求め頂けますし、その場で注文して向かいで座って食べることもできます。
海苔羊羹のお味の感想は人それぞれといったようですが、江ノ島に来た際は試しに食べてみるのも旅の思い出になることでしょう。
女夫饅頭は蒸し器に入っていて温かいものを頂けました。
お味は2種類、こしあんとつぶあんがあります。


江ノ島ビールと江ノ島サイダーもこちらで頂けましたが、結構どこでも買えます。
お値段はお店ごとに違っていて、
「あれ、さっきのお店の方が安かった…」なんてこともありますので、ご注意を。


<スポット情報>
中村屋羊羹店
住所: 神奈川県藤沢市江ノ島2-5-25
電話: 0466-22-4214


地ビール



先程少し登場した江ノ島ビールの他に、
鎌倉ビールや湘南ビール、大仏のイラストが可愛い大仏ビール(シュバルツ)など沢山ビールがあります。

◎江ノ島ビール。
柑橘系で、個人的には飲みやすいクラフトビールだなと思いました。

◎鎌倉ビールは月(アルト)、星(ペールエール)、花(ブラウンエール)の3種類。
それぞれ初夏、晩春、秋をイメージしているとか。今回は残念ながら飲めなかったので次の機会に試してみたいと思います。

◎湘南ビールもいくつか種類があります。
ピルスナー、シュバルツ、アルト、の他にちょっと変わったパッケージのLemongrass Hopper(レモングラスホッパー)というビールも。
下の写真に写っているのは左からアルト、レモングラスホッパー(スタイルはハーブエール)、ピルスナーです。
いくつかお試ししてみて、自分の好みに合うクラフトビールを探すのも結構楽しいです。
何人かで違う種類を買って、飲み比べするのも興味深いです!
鎌倉の小町通りにある酒屋さんでは、地ビールの他に地元のお酒もありました。
お酒がお好きな方はお酒からその土地を知るのも良いかもしれません。
ただし飲み過ぎにはくれぐれもご注意を。


<スポット情報>
相模屋酒店
住所: 神奈川県鎌倉市小町2-2-19
電話: 0467-22-1613


江の島・鎌倉で行きたいおすすめスポット♪


ちょっと渋い?江ノ島~鎌倉グルメたび前編。いかがだったでしょうか?
江の島・鎌倉を訪れたなら行きたい、ご当地グルメをいくつかご紹介しました!
後編は鎌倉の方をメインにお届けしたいと思います!お楽しみに~!

関連リンク

  • 6/3 22:35
  • aumo

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます