日本代表の森保一監督、“兄弟対決”の内容に手応え「非常に有意義な試合」

拡大画像を見る

 日本代表を率いる森保一監督が、3日に行われたチャリティーマッチのU-24日本代表戦を振り返った。

 3日に開催予定だった『キリンチャレンジカップ 2021』日本代表vsジャマイカ代表が中止になったことを受け、急きょ開催された“兄弟対決”。試合はA代表が2分に橋本拳人のゴールで先制すると、鎌田大地と浅野拓磨が追加点を挙げ、五輪世代のU-24日本代表に3-0で勝利した。

 試合後のインタビューで対決を振り返った森保監督は、「結果は別として、1チーム2カテゴリーで世界で勝っていくということを両チームが目指していくなか、選手たちがスタートから最後まで勝ちにこだわって、局面にこだわってくれました」と両チームの選手を称えた。

 試合は普段よりも多くの交代枠が認められたため、森保監督はGK1人とフィールドプレイヤー8人を試合途中に入れ替えて多くの選手を試した。同監督は、「全員スタメンで出られるだけの力は持っていると思っていますし、練習でもみんな本当にいいプレーをしてくれた。今日はいろんなチームのコンセプトの確認であったり、ポジションの配置の確認であったり、いろいろ試すことができて非常に有意義な試合でした」と内容に手応えを示した。

 森保監督は最後に「A代表、そしてU-24日本代表、両方とも必ず目標を達成できるように、しっかり積み上げられているということを今日の試合でも確認できました。成果と課題、常に確認しながらレベルアップにつなげたいです」と今後に向けての目標を語った。

関連リンク

  • 6/3 21:43
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます