その白T、すぐ捨てて!40代が「オバシルエット」に転落するダメ白Tシャツって?

拡大画像を見る

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/228555/ )

夏の定番となる白Tシャツ。40代になるとそんなシンプルなTシャツの着こなしが難しいと感じる方も少なくないのでは?

Tシャツが合わせにくいと感じるのは、シルエットの変化や顔立ち、肌のトーンの変化などさまざまな要因があります。

そこで今回は、40代の大人女性が失敗しやすい白Tシャツの特徴ご紹介します。

 

今年は本当に気をつけて…「薄い素材」「身幅ジャストなサイズ」

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/228555/ )

 

産後による体型変化は実に悩ましところです。とくにTシャツを着る上で注意して意識しておきたいポイントは、首から肩にかけてのライン・二の腕・バスト・そして背肉です。

 

体型のお悩みは人それぞれではありますが、肉づきが良い方・華奢な方どちらにとってもマイナス要素となり得るTシャツが薄い素材のTシャツです。

 

服が薄いと、肉感を拾ってしまうので上半身のむっちり感が際立ちます。いっぽう華奢な方は服の薄さも合まって貧相に見えがち。

 

薄い素材のTシャツは着こなしのバランスが悪いと老けて見えやすいので、なるべく手は出さずにいるのが良いですね。また、身幅がジャストフィットするものも要注意。華奢な方は上手に着られるかもしれませんが、肉感が目立ちやすい・トレンドから外れているという2つのポイントが今夏取り入れるのにおすすめできない理由です。

 

お手持ちの白Tシャツが合わないと感じる時はこれらの要素があるTシャツではないかチェックしてみてくださいね。

 

本当にもう、イタいだけだから…「パフスリーブタイプ」

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/228555/ )

もう1点、要注意ポイントがパフスリーブタイプの白Tシャツ。

 

若い年代のブランドにあるような大胆かつ大きなパフスリーブならわかりやすいので避けようがありますが、ここで注意したいパフスリーブTシャツというのはさりげなく袖が膨らんでいるリブつきのTシャツのことです。

 

このようにシンプルな白Tシャツにほんの少しの可愛らしさを含んだデザインTシャツは、ママ世代のプチプラブランドで意外とよく見かけます。

 

筆者がそうなのですが、あまりにもシンプルな白Tシャツって……なんだか、わざわざお金出して買うべきものかと少し悩みませんか?

 

同じ白Tシャツを買うなら、ちょっとデザインが可愛いものを選んだほうがお買い物したという満足感が得られるような気がするんです。

 

でも、実はこういう“ちょっとだけ可愛い”白Tシャツって組み合わせが難しくもあります。とくにパフスリーブデザインは二の腕が太くも見えるので気をつけて……!

 

じゃあ、何ならOKなの??「丸首・ボートネックは優秀!」

反対に鉄板でおすすめできるTシャツは、やはり丸首orボートネックの厚みのあるTシャツです。

 

ただし、丸首は首がつまり過ぎていると美しく見えないので、鎖骨のくぼみが少し出るくらいの開き具合が良いですね。首まわりはピタッとし過ぎると苦しそうに感じるので、少し空気感のあるシルエットが理想的。ぜひポイントを押さえてコーディネートしてみてくださいね。

関連リンク

  • 6/3 10:00
  • OTONA SALONE

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます